山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
Type30Tの製作が終わり、引き続きType20Sの製作を開始し、それも全て終了しました。

20170312_Type20S.jpg

Type20SはType-3より、わずかですが進化させています。
少し軽量化も進み、今では7kgほどの重量になっています。
Type30Tを持った後で持つと、軽いこと軽いこと。
大きさも大人と子供です。

20170312_30T20S-1.jpg

20170312_30T20S-2.jpg

Type20Sは、6本レバーで軽くハンドリングが良く、使い勝手もいいマシンです。
瞬間的な詰め荷重も400kgくらい行けますし、800ccを詰めるだけなら、Type20Sで十分ですわ。
1400ccの作業がなければ、上位機種を準備するのが億劫になっています。
まあ、寿命は丸ラックの直径に比例しますから、大きな方が長持ちはしますけどね。
壊れたら交換すればいいと割り切れば、安価な機種の選択も有かなと思っています。
1400ccのワンプレスをしたい方は、上位機種がお勧めです。
ワンプレスにこだわりがなく、普通に詰めるだけなら、1400ccでもType20Sで問題なく詰められます。
プレス部の直径が小さいほど、何度も詰める必要がありますが、堅く詰められます。
プレス部の直径が大きいほど、一度に詰められる量は増えますが、その分緩くなります。
緩い堅いの好みは人それぞれですから、ご自身でお試しください。

お陰様で、今ではアフターもしっかりとできるようになってきています。
どんなマシンでもいつかは壊れます。
それが早いか遅いかは使い方次第です。
私のテストで壊れなかったとしても、想定外の使い方をする方は必ず現れます。
壊れた時にいかに安価に直せるか、それだけは自信があります。
最悪、Type-2以降なら、使い物にならないようなジャンク品でも1万程度で買取します。
そこまで酷く壊れたマシンがあるのか、わからないですけどね。
初期の頃に購入された方で、使う頻度が多く、力の入れ具合の高い方ならありえるかな。
定価から最低引き取り額1万を引いてと考えれば、お得な買い物かもしれません。

Type-2の強化改造も好評です。
強化自体もさることながら、メンテナンスに手間をかけています。
バラバラに分解し、歯車と丸ラックを磨いて、オーバーホールまでしていますから、新品のように蘇ったことを、皆さんに喜ばれています。

Type20S次期ロット(11月分)の製作数はもう決定しました。
数に限りがありますので、ご希望であれば、早めにご予約下さい。
よろしくお願いします。

半年以上前から計画性を持って進められる方しか買えないのが、Ashtakaプレスの欠点かな。
衝動買いはできません。(笑)
衝動買いをしたい方が狙うとすれば、凄くたまに、リユース品をオークションで出す時くらいですわ。


【2017/03/19 18:18】 | 2017年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
大きさの違いが凄く分かりますね。機械物はメンテナンスも必用でしょうが、じょうぶそうなプレス機ですよね。


Mopar Dorcus
TYPE-2のメンテ&バージョンUPをしていただきました。

費用以上の効果と喜びを感じています。

定期的なメンテを今後はお願いしようと思ってます。

皆さま、年間飼育100頭を超えれば、導入検討が良いかと思います。





Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

Type30Tは、必要以上に頑丈です。
普通に使っていれば、当分、メンテの必要はないでしょう。
それでも永遠にはもちません。(汗)

Re: タイトルなし
ashtaka
Mopar Dorcusさん、こんばんは。

よくぞここまで使ってくれました。

長期間での摩耗具合がどのようになるか、いい勉強になりました。
また、そんなマシンでも新品のように蘇らせることが出来て、自信もつきましたわ。

喜んでいただけると嬉しいですね。
磨きこんだ甲斐があったと言うもんです。(笑)

今後ともよろしくお願いします。



コメントを閉じる▲
これが、Type30Tです。

20170304_30T.jpg

予想通りデカいです。
ゴムを敷いた姿をみるとよく分かるのではないでしょうか。
ゴム敷き範囲が200mm四方ですから、大きさも分かるでしょう。

20170304_30T2.jpg

これこそ究極のプレスマシンですね。
理論圧縮率25倍ですから、50kgレバーにかけて、1.2トン以上の圧縮力になります。
私の体重は60kgほどですが、全体重をレバーにかけても、びくともしません。
60kgだと1.5トンかかっているはずです。
頑丈そのものです。
重さが19kgもあるのが難点ですが、それゆえにこの頑丈さが成り立っているとも言えます。
何とか一人で持てるギリギリの重さかなと思っています。

持つことも考え、樹脂の取っ手も付けました。
持ちやすくしただけでも少しは違ってくるでしょう。

20170304_30T取手

能力的に、これを上回るには、もう油圧しかないでしょう。
ただ、そこまですると、もう一人ドコロか二人でも持てない重さになるでしょう。

私の中で、これ以上のマシンはもうあり得ませんね。
自己満足かもしれませんが、究極に辿り着いたかなと思っています。

春になったら、詰め作業もレポートしますね。

このType30T、1台だけですが、在庫があります。
ものすごく高価ですが、興味のある方はお問い合わせ下さい。
早い者勝ちです。(笑)



【2017/03/06 20:35】 | 2016年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
究極のプレスですね。固い詰めも簡単にできそうですね。

管理人のみ閲覧できます
-


こんにちは
たかとぱぱ
おお~!
ついに究極プレス機完成ですね。
ボトルが凄く小さく見えます。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

究極です。
もはや、これで極めました。(笑)
これより強く、これより軽く、できるもんなら、かかってこい。(爆)

Re: こんにちは
ashtaka
たかとぱぱさん、こんばんは。

ここまでのもの、必要な人はそうそういないでしょう。
使い勝手で言えば、Type20Sが一番です。

軽さ、使いやすさ、VS、堅さ、ワンプレス。

どちらを選ぶか、あなた次第です。(笑)

コメントを閉じる▲
ようやく、Type30Tの部品が揃いました。

20170303_30T-parts.jpg

部品点数も20Sより多いし、組立の手間も多いです。

1台だけ組み立ててみました。

20170304_30T組立1

20170304_30T組立2

20170304_30T組立3

簡単に写真だけで紹介しましたが、構造が複雑でかなり手こずりました。
Type20Sとは大違いです。


完成した姿は・・・後日。(笑)

【2017/03/04 20:48】 | 2017年プレスマシン
トラックバック(0) |

おはようございます
たかとぱぱ
いよいよ究極プレスの組み立てですね。
見るからに頑丈そうで、圧倒的なパワーを予感させますね。
お披露目を楽しみにしてます。

Re: おはようございます
ashtaka
たかとぱぱさん、こんばんは。

間違いなく、圧倒的なパワーですよ。(笑)
ただ、ここまでパワーが必要なのかは、人それぞれでしょうけどねぇ。


コメントを閉じる▲
今回はプレス部の準備です。
プレス部だけで、大量にあります。

20170211_プレス部

オプション品を追加で購入してくれる方、多いです。
種類も多いですから、一つずつやっていかないと混乱しそうです。
やることと言えば、タップをさらえて、ヘリサートを挿入していくだけです。
1個当たりは数分もあればできますが、量があるからねぇ。

20170216_プレス部2

20170216_プレス部3

ガイドパイプが届き次第、追加でオプションを購入された皆様にご連絡差し上げます。
もう少しだけお待ちください。

【2017/02/18 21:42】 | 2017年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
ヘリサート使っているんですね。仕事でヘリサート使う時ありますが、慣れるまで入れる時ミスりましたよ。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

ヘリサート、使ったことあるのですね。
ヘリサートでも、いろんな種類があります。
私は入れやすいものを選びました。

コメントを閉じる▲
この春製作のAshtakaプレスの製作を開始しました。

まだ、全部品は揃ってないけど、一番面倒な合板の準備から始めています。
まずは、穴あけ。

20170204_穴加工

そして、バリ取り。

20170204_サンダー

前回まではヤスリでシコシコと削り落としていましたが、サンダーを買っちゃいました。
早いこと早いこと。
ただ、長く作業していると、手がしびれてきて持っているのがしんどくなってきます。


ボルト類も大量に届いてます。
今回は、Type20SとType30Tと両モデルを製作するため、量も半端ないです。

20170210_ボルト

もう少ししたら、全部品が揃う予定ですから、それからが大変です。
先を考えるとうんざりしますので、目先の作業だけ考えるようにしています。
まずは、Type30Tからですね。
まあ、少しずつ進めていきますわ。

春製作予約分のType20Sは完売していますが、Type30Tは1台余剰品があります。
すごく高価ですが、興味がある方は、ご連絡ください。

次期ロットのType20Sは随時、仮予約を受け付けています。
ボチボチと集まってきていますので、秋の製作は可能だと思っています。
毎ロットの製作数に限りがありますので、早めの仮予約をお勧めします。
仮予約の期間中はキャンセル自由ですからお気軽にどうぞ。

【2017/02/12 13:09】 | 2017年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
大変そうな作業ですね。完成したら素晴らしいプレス機ができますね。

こんばんは
toplegend44
作業大変でしょうが、頑張って下さい!
皆さん楽しみにしてると思いますので!
私のぼちぼち詰めたいのですが、、、(涙)


初めまして
青木
初めまして。
つい先週、15年ぶりにオオクワをはじめました青木と申します。
当時はインドのアンテが大流行した時代で、私は中学生でした。
また細々とオオクワを楽しんでいきたいと思います。
ブログもちょこちょこ拝見させていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

いつも製作開始時には部品の多さにうんざりさせられます。
作るモチベーションを、いつまで維持できるだろうね。

Re: こんばんは
ashtaka
toplegend44さん、こんばんは。

忙しいのなら、既成ボトルが一番ですよ。
納期の守れるメーカーにしましょうね、(笑)

Re: 初めまして
ashtaka
青木さん、初めまして。

HNじゃないけど、いいのかしら。
私の自己満足なブログへご訪問ありがとうございます。
アンテのバブル、ご存じなのですね。
外産が落ち着いたら、極太オオクワ、大型オオクワとバブルが続きました。
次は何が出てくるでしょうね。
今後ともよろしくお願いします。



コメントを閉じる▲