FC2ブログ
山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
毎年の事ながら、計画通り産みませんね。(汗)
植菌材でも普通の産卵木でも、産卵数は変わりません。
産む♀はどんな材でも産む、産まない♀は産まない。
これはいつものことです。
ただ、今期は孵化率が悪い気がしています。

現況です。
産んだラインはセットした全16ライン中、9ラインのみ。
早くからスタートしたためか、早期羽化♀が全滅。
大きな早期羽化♀は相当熟成させないとダメみたいです。
久留米も3ライン中で、1ラインしか産まなかった。(泣)
産まなかった2ラインに種付けした凶暴な久留米♂は種なし確定です。

早期♀や久留米は、もう少し、足掻いてみるつもりですわ。


AST21N-A1 (能勢YG)・・・7頭孵化、残卵20個。
♂親87mm (AST19N-B4-14)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀55.5mm (きくまる氏 17NO-12-20)
♀親55mm(AST19N-B4-12)・・♂83.5mm(ju_tsu氏2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀55.5mm (きくまる氏 17NO-12-20)

AST21N-A2 (能勢YG)・・・11頭孵化、残卵4個。
♂親87mm (AST19N-B4-14)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀55.5mm (きくまる氏 17NO-12-20)
♀親55mm(AST19N-A3-12)・・♂84.5mm(toplegend氏 YG-17-26-04、891同腹) x ♀54mm (AST18N-C2-9、885同腹)

AST21N-A3 (能勢YG)・・・10頭孵化、残卵12個。
♂親87mm (AST19N-B4-14)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀55.5mm (きくまる氏 17NO-12-20)
♀親55mm(AST19N-B3-10)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀50mm (AST18N-D1-2)

AST21N-B1 (能勢YG)・・・2頭孵化、残卵11個。
♂親85mm (AST19N-B4-23)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀55.5mm (きくまる氏 17NO-12-20)
♀親55mm(AST19N-A1-20)・・♂84.5mm(toplegend氏 YG-17-26-04、891同腹) x ♀54mm (AST18N-B1-4)

AST21N-C1 (能勢YG)・・・8頭孵化、残卵8個。
♂親84mm (AST19N-B3-1)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀50mm (AST18N-D1-2)
♀親54mm(AST19N-B3-17)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀50mm (AST18N-D1-2)

AST21N-C2 (能勢YG)・・・4頭孵化、残卵10個。
♂親84mm (AST19N-B3-1)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀50mm (AST18N-D1-2)
♀親54mm(AST19N-B4-20)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀55.5mm (きくまる氏 17NO-12-20)

AST21N-C3 (能勢YG)・・・7頭孵化、残卵3個。
♂親84mm (AST19N-B3-1)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀50mm (AST18N-D1-2)
♀親55mm(AST19N-A3-25)・・♂84.5mm(toplegend氏 YG-17-26-04、891同腹) x ♀54mm (AST18N-C2-9、885同腹)

AST21N-E2 (能勢YG)・・・1頭孵化、残卵1個。
♂親85.7mm (AST18N-B1-13)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀53mm (ashtaka 16-N13-6)
♀親55mm(AST19N-B3-20)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀50mm (AST18N-D1-2)


AST21K-Q (久留米)・・・15頭孵化、残卵10個。
♂親81.2mm (MoperDorcs氏 18KR-A5-5、869同腹) ・・♂86mm(MoperDorcs氏15KR-B2-6) x ♀53mm (マツノ氏16-8、860同腹)
♀親55mm(AST19K-S-4)・・♂84mm(かっちゃん氏 KA17-9、880同腹) x ♀53mm (マツノ氏 17-46)



【2021/05/07 06:33】 | 2021年ブリード
トラックバック(0) |
ペアリング終了。
何と久留米3ライン、YG14ラインの中で、久留米1頭だけ♀が真っ二つ・・・。
慌てて予備♀でライン変更。
何と、この♀も真っ二つ・・・。
この♂、凶暴だ。
来期、この久留米♂を使う際、アゴ縛り必須だな。
久留米が3ラインの予定でしたが、2ラインだけになりました。
どこかで幼虫の補強をしないとね。


産卵セット、第一弾を組みました。

20210329.jpg


今期の1本目は全て植菌カワラ材で、やることにしました。
植菌材は、昨年、初めて使いましたが、いいか悪いかわからなかったんでね。
届いた見た目は、黒ずんだものが多かったのですが、剥いてみたらキレイな材で驚きました。
最近はいい産卵木がなかなか手に入りませんから、これでそこそこ産めば、来期からのスタンダードになるでしょう。

例年、最初はなかなか採れず、ずるずると長くセットを延ばすことになるので、今期はサッサと終わらせたいですわ。


【2021/04/04 08:31】 | 2021年ブリード
トラックバック(0) |
1本目のボトルの準備を開始しました。
1本目は緩詰めで一気詰めしますから、簡単なもんです。

20210325-1.jpg

20210325-2.jpg

1時間半ほどで終了です。

20210325-3.jpg

ペアリングは1か月ほど前から開始していて、まもなく全ライン終了です。
その後、産卵セットに移行します。

【2021/03/30 07:26】 | 2021年プレスマシン
トラックバック(0) |
千曲製のボトルの容量を実測してみました。
水を入れて重さを量れば、水の比重が1ですから、容量もわかります。
通称800と呼ばれているものは、ほぼ同容量でしたが、1400と呼ばれているボトルは1200ほどしかありません。

20210220_ボトル容量1


私が作った3令用穴あけ付きプレス部でどの程度容量が減るのかも見てみました。
5~7パーセント減程度ですから、それほど容量が減るわけではありません。

20210220_ボトル容量2

ただ、♂用のボトルはもう少し大きな方がいいような気がします。
来期、いろいろなボトルで試してみるつもりです。

【2021/03/17 11:32】 | 2021年プレスマシン
トラックバック(0) |
Tyep20Sの発送を開始しています。

20210218_Type20S-6.jpg

ブログやTwitterでも喜んでいただける声をお聞きします。
ありがたいですね。

【2021/02/18 18:42】 | 2021年プレスマシン
トラックバック(0) |