FC2ブログ
山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
今回でYGの2本目への交換は終了。
30gUPは、YGで3割。
可もなく不可もなくって感じかな。
3本目への交換時にどうなっているかが肝心です。

2本目交換で今季最大の出たラインです。
♀親が今年88.5mmの出た早期羽化個体ですから、楽しみです。

AST19N-A3。
♂親84.5mm (toplegend氏YG-17-26-04、891同腹)・・♂84mm(Gull氏1506、888同腹) x ♀56.5mm (yuipapa氏YP1506、881同腹)
♀親54mm(AST18N-C2-9、885同腹)・・♂82.9mm(B団、団長氏16YG7-2、895、880x2同腹) x ♀53mm (エバクワ氏16NO-406、881、877、866同腹)

33.5g
20190927_19N-A3-22-335.jpg


34.3g
20191010_19N-A3-32-343.jpg


36.4g
20191010_19N-A3-30-364.jpg



【2019/10/26 23:00】 | 2019年ブリード
トラックバック(0) |
遅ればせながら、ようやくBE-KUWAを読みました。
7年ほど前からお付き合いのあるMoperDorcusさんがオオクワギネスを獲得されています。
一躍、時の人です。
91.7mmとは、すごいサイズです。
おめでとうございます。
我がマシンも過去にプレス機としてBE-KUWAに登場したことは一度ありましたが、Ashtakaプレスとして初めて登場。
メジャーになったと勘違いしそうですわ。(汗)
ありがたいことです。
MoperDorcusさんにはshimaさんがギネスを取った時、Ashtakaプレスでのさらなるギネスを冗談でお願いしてありましたが、それを達成される実力に驚いています。
素晴らしいです。

星加さんも本土ヒラタの更新。
こちらは圧倒的な独走状態です。
おめでとうございます。

両氏共、我がプレス機が役に立っているようで、作る側としてもモチベ―チョンが上がりますね。
マシンは単なる道具でしかないけどね。
両氏のさらなるご活躍を期待してます。


【2019/10/20 18:36】 | 2019年その他
トラックバック(0) |
Ashtakaプレスの組み上げの最中にチマチマ2本目へ交換していた結果です。

AST19N-A1。
♂親84.5mm (toplegend氏YG-17-26-04、891同腹)・・♂84mm(Gull氏1506、888同腹) x ♀56.5mm (yuipapa氏YP1506、881同腹)
♀親54mm(AST18N-B1-4)・・♂83.5mm(ju_tsu氏2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀53mm (ashtaka 16-N13-6)
33.4g
20191010_19N-A1-12-334.jpg


次のラインは30gUPも多く有望そうです。
AST19N-B4。
♂親83.5mm (ju_tsu氏2016-YG24、887、880、870同腹)・・♂85.5mm(GMT氏G141Y、872同腹) x ♀52.3mm (ju_tsu氏15M2、850同腹)
♀親55.5mm(きくまる氏17NO-12-20)・・♂84mm(C98氏2015-YG1-28、884同腹) x ♀53mm (shima氏H27-Y1-13、883同腹)
33.4g
20190927_19N-B4-16-334.jpg


34.7g
20190927_19N-B4-15-347.jpg


34.9g
20190919_19N-B4-19-349.jpg


【2019/10/12 23:07】 | 2019年ブリード
トラックバック(0) |
Ashtakaプレスの発送が、Type20S,Type30T共、ほぼ終了。
残りはもう少し先に送ってと言われている方だけです。
ホッとしましたわ。

で、見込みで余分に発注していたType20S用のオプション品の在庫があります。
1個しかないものもありますので、早いもの勝ちです。
ご希望であれば、どうぞ。

1)神長PP800用、φ76平プレス部
2)神長PP800用、φ76穴空け付プレス部(初2令投入用)。
3)神長PP800用、φ76穴空け付プレス部(♀3令投入用)。
(神長PP800用のガイドパイプ、プレス部は、EXCEEDのPP800ボトルや、オオクワキングの800クリアボトルでも使えます。DOSの800クリアボトルは、口元の内径が77mmのもの(4つ穴)だけ使えるようです。)

DOSの3つ穴ボトル(口元内径75mm)だと、神長PP800用のプレス部が使えません。φ74.5のプレス部もご用意できます。ただ、ガイドパイプの内径が77mmですから、少し隙間が空くことになりますので、マットが上に乗りやすいです。

4)DOS、3つ穴小ボトル(830)用、φ74.5平プレス部。
5)DOS、3つ穴小ボトル(830)用、φ74.5穴空け付プレス部(初2令投入用)。
6)DOS、3つ穴小ボトル(830)用、φ74.5穴空け付プレス部(♀3令投入用)。


7)800用ガイドパイプ(内径77mm)。
8)神長PP1400用ガイドパイプ(パイプ内径100mm) 。
9)神長PP1400用ガイドパイプ(パイプ内径107mm)。
(神長PP1400用のガイドパイプは、EXCEEDのPP1400ボトルや、DOS、4つ穴大ボトル(1300)は、使えます。それ以外は確認していません。口元の内径が107mmのボトルで使用できます。)
(パイプ内径107mmのガイドパイプは、2つの部品を接合して製作してありますので、接合部の隙間にゴミ入ったり、カビが発生したりするかもしれません。厚肉塩ビパイプタイプより、口元のテーパ面取りが減って、プレス部を入れる際、より注意が必要になりますが、少しでも大きなプレス部で詰めたい方はこちらの方がいいでしょう。)


10)DOS、3つ穴、大ボトル用ガイドパイプ(パイプ内径100mm)。
(DOS、3つ穴、大ボトル用のガイドパイプは、DOS、3つ穴大ボトル(1500,2300,3250)に、使えます。それ以外は確認していません。口元の内径が105mmのボトルで使用できます。口元口径107mmでもガタは大きくなりますが、使えなくありません。)


オプション詳細はPC版ブログにリンクしてあるプレスマシン-オプションを見てください。

よろしくお願いします。



【2019/10/08 18:07】 | 2019年プレスマシン
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
この週末で、Type30Tを一気に組み上げてしまいました。

20191006_Type30T.jpg

連絡の取れた方から、出荷開始しています。
これで、今回のロットはほぼ終了です。
皆様、ありがとうございました。

【2019/10/07 08:32】 | 2019年プレスマシン
トラックバック(0) |