山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
先日、マットで実験した尖りプレス部を、菌糸でも試してみました。
使った菌糸は、EXCEEDさんのLEVINと、恵栽園さんのカンタケ粗めです。
両極端による粗さでどうなるか・・・。

まずは、LEVIN。
先日、マット詰めで使った、尖った細長いプレス部をつけます。
ガイドパイプ口元まで入れて、途中までプレス。

20141220_尖りプレス菌糸-1

20141220_尖りプレス菌糸-2

改めて入れて、最後までプレス。
微粒子だと、キレイに詰まりますね。
かなり無理して押し込んでですが、ボトル込み、肩口まで入れて577gまで行けました。

20141220_尖りプレス菌糸-3

穴が開いての重さですから、まあまあではないでしょうか。


次に太短いプレス部に交換し同じように試してみました。

20141220_尖りプレス菌糸-4

20141220_尖りプレス菌糸-5

使い勝手は似たようなものでした。
心配していた抜く力も必要ありません。

20141220_尖りプレス菌糸-6

細長い穴がいいか、太短い穴がいいか、好みの問題だけかもしれません。

次にカンタケ。

20141220_尖りプレス菌糸-7

かなり粗めのため、重さは550g程度で、いっぱいいっぱいでしたね。

今回の条件では尖り方による差があまり出ませんでしたから、次はもう少し極端な形状で試作してみます。
何となくですが、見えてきたかな。
Type-2で、かなり無理すれば、PP800なら、2プレスで行けることは分かりました。
中身の詰め方の均質性は期待しないでください。
底の方は間違いなく、かなりの緩詰めになっているはずです。
それは、一気に詰めれば、どんなマシンを使っても多かれ少なかれ、起こることです。
どこまで許容できるかの問題だけでしょう。

ただ、これだけの力で詰め続けると、プレスマシンの寿命は確実に縮まりますので、ご注意ください。


【2014/12/22 22:04】 | 2014年プレスマシン
トラックバック(0) |


クマモン
穴無しで600gでそこそこ硬詰めですから
800ボトルに577gでしたら充分です!

微粒子でしたら綺麗な穴が開けれますね

問題は1400ボトルが何g詰めれるかです
蓋なしで1000~1050gは欲しいとこです。



おはようございます^^
mustar
穴の感じが良さそうですね!

大小仕上げのワンプッシュ用に欲しいです^^

Re: タイトルなし
ashtaka
クマモンさん、こんばんは。

1400ccで、1000gですかぁ。(汗)
私はいつもボトル肩のした辺りで800g程度でしか、詰めてません。
φ85で詰めるせいかもね。
でも、そんな堅詰め可能かしら。



Re: おはようございます^^
ashtaka
mustarさん、こんばんは。

後から穴あけに使うと、抜く時、穴が崩れてしまいます。
穴あけロッドが、押さえプレートで押さえながら抜く理由と同じです。
詰めながら穴を開けるより、穴の収縮力が大きいってことなんでしょうね。

おはようございます^^
masa
微粒子だと綺麗に詰まりますね。このまま幼虫ポイって入れれて楽そう(笑)逆に粗目はもう少し詰め込みたいところですね。

僕もどうやって手を抜くかを考えるようになってきます(笑)

こんばんは
toplegend44
穴あけの分g少し軽いんですかね?
私は詰めてまわってから穴あけするので
十分詰まっているんでしょうね。
1400も見てみたい!


こんばんは
ヤブリン
これは、めちゃめちゃ欲しいですね~。
まだ試作段階との事ですが…
もし販売の時には声かけ宜しくお願い致します~^^


Re: おはようございます^^
ashtaka
masaさん、こんばんは。

あれでもかなり力を入れています。
あれだけ粗いと難しいですね。

手抜きと言っちゃいけません。
効率化と言いましょう。(笑)


Re: こんばんは
ashtaka
toplegend44さん、こんばんは。

私も早くType-SSSで、1400ccを試してみたいです。
その前に、もう少し実験はしてみますけどね。

コレ実現したら、相当、楽できるでしょうね。


Re: こんばんは
ashtaka
ヤブリンさん、こんばんは。

まだ、試したいことがあります。
何となく方向性は見えてきましたけどね。

販売は来年7月まで受け付けて、引渡しは11月の予定です。(笑)


コメントを閉じる▲
縁があって、うなぎさんと言う方と知り合うことができました。
ご自身で機械加工をされている方です。
彼は三階松さんのストロングタイプを既に持ってます。
それでもこちらの断念記事を気にかけていただけたみたいで、声をかけていただけました。
当初は、Ashtakaプレス本体が作れないかといろいろと検討していただきましたが、諸事情で断念。
その代わりと言うわけではないですが、簡単な実験用の試作品を超お値打ちに作っていただけることになりました。

ワンプレスを検討するに当たって、私自身、どんなプレス部がいいのか、ずっと考えていました。
ワンプレスができて、空気穴兼、幼虫投入穴を空けると言う、一石三丁を狙っています。
穴あけロッドで痛感したのですが、穴を空けることは簡単にできても、菌糸の収縮力で抜くことが困難になります。
深く穴を空けたいのであれば、これはどうしようもないことですけどね。
私は穴は浅めでいいから、簡単に抜けることを優先したい。
そのためには先端の角度を緩くするしかありません。
緩くしすぎても空気穴の効果がなくなるし、どこで線引きするかが難しい所です。
抜きやすさは、菌糸の目の細かさや、水分量で違いますから、計算しようがありません。
うなぎさんとも相談した所、分からないなら全部作って試してみればいいとあっさりと言われます。
材料の端材は会社にゴロゴロとしてるから、自分の空いた時間で作ってあげるよと。
ありがたい話ですわ。

お試しモノと割り切り、とにかくシンプルにと設計して、作っていただいたのが、コレ。

20141213_尖りプレス1

先端形状違いの3種の尖りプレス部です。
勘だけで設計しました。
先端が尖っているほど、抜きにくいだろうと想定しています。

後半の菌糸詰めは来週からの予定ですから、テストとして、とりあえずマットでやってみました。
まずは、一番尖ったプレス部を装着。

20141213_尖りプレス3

ガイドパイプにマットを入れ、一度半分まで詰め、もう一度マットを追加してから、最後までプレスします。
ちょっと、ガイドパイプの背が高すぎです。
Type-3用量産品はもう少し低くしないとね。
Type-SSSはワンプレスで出来ますが、Type-2、3では、ツープレスしか無理です。
それでも今までとは雲泥の差です。

20141213_尖りプレス4

Type-2でやってみましたが、かなり無理に力を入れることになりますので、続けてやると壊れないか心配です。
800ccでいっぱいいっぱいですから、1400ccは不可です。
ワンプレスを視野に入れるのであれば、Type-SSSが必需になるかもね。

出来た姿がこの通り。

20141213_尖りプレス5

いい感じですね。

水分量が少なめのマットのせいか、抜く時もボトルを軽く押さえるだけで抜けました。
もう2種類のプレス部を試す必要もありませんでしたわ。
上手くいけば、初令投入800用、♀2本目800用、♂2本目1400用とか、穴の大きさを変えて、作るのもいいかも知れません。
ここまでできるようになれば、菌糸詰めは相当に楽できるでしょうね。

来週の菌糸詰めで、もう一度、試してみます。
水分量の多い菌糸でも試してみたいな。
何がいいかしら。


【2014/12/14 15:47】 | 2014年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは。
mustar
マットでのテストですが良さそうですね。
私的には空気穴とゆうより幼虫投入の穴用に太い穴用が欲しいです。
投入時に穴空けした時のクズが勿体ないので詰めた時に穴が空けられればと思ってました。
ワンプレスではなくても色んなニーズに対応できそうなパーツです^^

こんばんは
toplegend44
便利そうですね!
1400をワンプレスで使いたいですが、
私のTypeでは無理そうですね。
パワーのあるType-SSSが
使いやすくなりそうですね!




うなぎ
一つだけで十分だったとは(笑)
いい感じで安心しました♪

Re: こんばんは。
ashtaka
mustarさん、こんばんは。

幼虫投入用穴って、皆さん直径何mm、深さ何mmくらい欲しいのかなぁ。
こればかりは、自分本位では、まずいかもね。
次の週末の菌糸詰めテストで、方向性は見えてくるかもね。


Re: こんばんは
ashtaka
toplegend44さん、こんばんは。

PP800なら、Type-2でも使えますよ。
Type-SSSは、パワーはありますが、大きくて重いですから、ハンドリングは悪そうです。
これも使ってみたから、次の改良点を模索します。
何となくですが、パワーを少し落として、ハンドリングを良くするのが一番かなと思えてきています。
究極の文字が消えるのが、・・・・。


Re: タイトルなし
ashtaka
うなぎさん、こんばんは。

この度はお世話になりました。
まずは、1種を試しただけです。
次の週末に全部品を試してみます。
その結果次第で、またお願いするかもしれません。
よろしく、です。


コメントを閉じる▲
Type-SSSに先を越されましたが、お蔭様をもちまして、Type-3の来年3月製作予定分も終了しました。
皆さん、ありがとうございます。

今後は次期ロットの予約扱いとなります。
予約数が増えないことには製作へも進めませんので、ご希望の方は早めにお問い合わせ下さい。
来年7月くらいまでの集まり具合で、秋の製作の可否を決定するつもりです。

よろしくお願いします。

FC2blog テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

何とまあ、究極に高くて、売れると思っていなかった(汗)Type-SSSが完売しました。
予約を受けていた数もわずかでしたから、製作数もType-3の半分程度しか作らなかったからでもあるんですけどね。
道具にこだわる人はこだわるものですね。
私自身、使ってみたいマシンでもありますから、同じように欲しい人がいるのは当たり前ですけどね。
Type-SSSをご注文された半分の方はType-2保持者ですから、Type-2にご満足いただけたからこそ、ご注文していただけるということでしょう。
ありがたい話です。

後は私が、究極に恥じないマシンを作るだけです。
来年早々から、部品が揃ってくると思いますので、頑張りますね。

ちなみに、Type-3の方も、もう3台で打ち切りになります。
普通に詰めるだけなら、これで十分過ぎるマシンですよ。
完売後は、いつになるか分からない(笑)次期ロット回しになります。
どうしても欲しい方はお早めにどうぞ。

今回の製作は1年半ぶりです。
この間、ずっと待っていていただけた方もいました。
本当に、長らくお待たせしましたって感じですね。
それだけ、私のマシンへのこだわりがあったと言うことが嬉しいですね。
こういう方の後押しがあったからこそ、今回の製作へとこぎつけられたと思っています。

作っていただけることになった加工屋さんにも、大感謝です。
いろいろとわがままばかり言って、申し訳ありませんでした。

皆さん、ありがとうございました。

FC2blog テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

【2014/11/17 20:20】 | 2014年プレスマシン
トラックバック(0) |


ゲバゲバ90
Type-3、Type-SSSの完売おめでとうございます。Type-SSSに興味がございます。購入者の感想が聞きたいですね。


クマモン
Type-SSSは殆どの方が欲しいでしょう!

ワンプレスを実際やったら今までの詰め方は面倒で出来ません(笑)
約3倍早く詰めれると思います。

今度はボールスクリュージャッキ使って電動にしたいかな(笑)



こんにちは。
pax
Type-SSSの完売おめでとうございます。
Type-SSSに興味はありますが、詰めない自分では無用の長物になるので、今回は見送りました。
それと、歳のせいか体調が悪くて詰める余裕がありません(汗)


ドルクス好き
Type-SSS完売おめでとうございます。
私もいつかType-SSS使ってみたいです笑
ワンプレス・・・いい響きですね。

こんばんは。
mustar
タイプSSSの制作完売おめでとうございます!
やはり求める人がいるんです!^^

使用感も気になるところなので今後の報告も楽しみにしています(^^)

こんばんは
toplegend44
type3、SSS完売ですか
欲しい人が多いという事ですね!
使用した方からの報告気になりますので
また教えて下さいね。

Re: タイトルなし
ashtaka
ゲバゲバ90さん、こんばんは。

Type-3は、まだありますよ。
完売したのは、Type-SSSだけです。

自分用も作りますので、使用感はまた記事にしますね。

Re: タイトルなし
ashtaka
クマモンさん、こんばんは。

3倍・・・ですか。
楽しみですね。

Type-SSSの問題は価格でしょうね。
究極が欲しい人限定商品ですわ。

電動って、ファジーにできないから、難しいと思いますよ。
電動ならブロック崩し・・・かな。(笑)

Re: こんにちは。
ashtaka
paxさん、こんばんは。

paxさんは、私より若いじゃないですか。(笑)
まあ、既製品で慣れると、菌糸詰めなんてやってられないって所でしょうか。
いくら楽になっても、菌糸詰めは嫌な作業です。

Re: タイトルなし
ashtaka
ドルクス好きさん、こんばんは。

ワンプレス・・・、できるといいけどねぇ。
底の方は緩詰めになると思うけどねぇ。


コメントを閉じる▲
お蔭様を持ちまして、Ashtakaプレス、Type-3、Type-SSS共に、製作へ入ることができました。
加工をしていただけることになった加工屋さんに感謝ですね。

製作を断念している間に、モデルチェンジの構想を進めることが出来ました。
Type-3は、今までのAshtakaプレスより、理論圧縮率を2割高めてあります
構造も、少し強化してありますので、より安心してお使いいただけます。
価格も維持できています。

20141101_PR-Type3-20141001-Option.jpg




さらに究極をお望みの方からの強い希望に押され(笑)、Type-SSSも製作に入ることができました。
ラック径を25mmにアップしていますので、単純にType-3の2倍の強度になります。
ただ、価格が高すぎるのが難点ですが・・・。(泣)
まあ、自詰めすると思えば、プレスマシン購入費なんて、1~2年で元が取れるでしょう。
ワンプレスでどれだけ、作業が楽になるものでしょうか。
自分用としても1台作るつもりですから、これは私も楽しみです。

20141101_Type-SSS-Option.jpg


まだ、製作予定数に対して、注文数に若干余裕がありますので、どちらのタイプも注文可能です。
納品は来年3月末と思って下さい。
既に発注済のため、数は決まっています。
製作予定分がなくなり次第、終了です。
毎度のことながら、次期製作はいつになるか、不明です。
ご希望の方はこの機会にどうぞ。
メールフォームよりご連絡いただければ、詳細をご連絡いたします。

詳細はブログ横にリンクしてありますので、ご確認下さい。


FC2blog テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

【2014/11/02 21:40】 | 2014年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは^^
masa
なんとか制作まで漕ぎ着けたみたいで良かったですね。待ってた方もたくさんいると思いますし(^_^)

タイプSSS、気になりますが・・・・・・僕には必要ないかな。。でも次がいつ製作かもわからないし悩みます。

作成
ゲバゲバ90
多くの人が待っていたと思います。プレス機も工夫を加え、良いものになっていきますね。
期待しています。作りが良いので、安心して使用できます。

こんにちは
toplegend44
タイプSSSの報告楽しみにしております。
私もほしいのですが、、、

こんにちは。
pax
自分も欲しいですが(爆)
詰める体力と気力が無くなりました。
ニジイロクワガタの試験以外は既製品で我慢します。
でもワンプレスにすればサイズUPすると思います。

Re: こんばんは^^
ashtaka
masaさん、こんばんは。

中には2年近く待っていただいた方もいました。
これだけ長く期待されると、作らないわけには行きません。

Type-SSS・・・、高すぎるからねぇ。(汗)

Re: 作成
ashtaka
ゲバゲバ90さん、こんばんは。

どんどんと改良していってますので、かなり強くなってきてますよ。
気になる点があると、ほっておけない性格ですから。(笑)


Re: こんにちは
ashtaka
toplegend44さん。こんばんは。

toplegend44さんは、詰めること自体、できないのでは。(笑)
もし、ワンプレスができるようになると、ブロック崩しが嫌になりそうです。

Re: こんにちは。
ashtaka
paxさん、こんばんは。

どれだけ楽になろうとも、菌糸詰めは嫌な作業です。
既製品を買うのが当たり前になると、もう戻れないでしょうね。


コメントを閉じる▲