山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
毎年お世話になっているMINAMIさんのプレに協賛しました。
かっつさんとMINAMIさんのプレには、ブログを始めたころからずっと参加させていただいています。
最近、欲しいものがなく、なかなか応募ができませんが、かっつさんプレで思い切って応募したとたん、とんでもないものが当選してしまい、運を使い切ってしまいました。(汗)

で、今回は協賛品に出せるいいものがなく、悩みました。
しょぼいものしか出せなくて申し訳ありません。

まずはこれ。
能勢YG、AST16-N16-76mm

16-N16-01-76-1.jpg

16-N16-01-76-2.jpg

♂親85mm (Gullさん1321、860同腹)
・・・♂84.8mm(Gullさん1109、848同腹)x ♀49.5mm(Gullさん1204、874同腹)
♀親53.5mm (Gullさん1303、845同腹)
・・・♂86.1mm(Gullさん1107、858同腹)x ♀53.4mm(Gullさん1119、825同腹)

血統は確かですが、サイズ的には、申し訳ないとしか言えません。


ご希望の方にオマケがあります。
能勢YG、AST16-N4B-85.8mm
能勢YG、AST16-N11-53mm


サイズ的にはすごいですが、わけアリです。
オマケなんだから、当たり前です。(笑)
ご希望であれば、両個体ともどうぞ。


能勢YG、AST16-N4B-85.8mm

16-N4B-11-858-B1.jpg

16-N4B-11-858-B2.jpg

♂親2014-N4C-81.4mm(mustarさん14YG-A4里子、873同腹)
・・・♂81.0mm(shimaさん1007 H24、863同腹) x ♀48.5mm(よしくわさん no-13-7、851同腹)
♀親2014-N1E-53.5mm
・・・♂80.5mm(エバクワさん2012-5番、866同腹)x♀53.5mm(2013-N3、toplegendさん13-11里子)

羽パカです。
割とキレイに羽パカしていますから、使える可能性あります。





次に♀です。
能勢YG、AST16-N11-53mm

16-N11-2-53-B-1.jpg

16-N11-2-53-B-2.jpg

♂84.6mm(waizuさん 2014-15、852同腹)
・・・♂86.7mm(waizuさん 2012-10)x ♀54.3mm(ワイドカウさん 2012-A5)
♀53mm(waizuさん 2014-15、852同腹)
・・・♂86.7mm(waizuさん 2012-10)x ♀54.3mm(ワイドカウさん 2012-A5)

ほんの僅かですが、上翅先端が開いてます。



もう一方の協賛品、スマトラです。
♂93mm
16-S3-1.jpg

16-S3-2.jpg

全ての個体は同じ台の上で撮影してますから、スマトラの大きさがよくわかると思います。
ひろさんから、譲り受けた個体からの累代品です。
♂は4頭だけ育てましたが、まだ幼虫の1頭以外の3頭とも90mmUPしています。
最大は97mmです。
結構な大型血統だと思っています。

♀は48mm程度のものをお付けします。
昨年12月羽化の個体ですから、かなり年寄りで産卵してくれるかわかりません。

スマトラの方は、発送に自信がありませんので、岐阜県から翌日午前着で受け取れる方にお願いしたいです。

よろしくお願いします。

FC2blog テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

【2017/07/12 20:40】 | 2017年その他
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
不全でもサイズ良いですね。不全個体のが自分は気になっちゃいます。


Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

不全なんて欲しい人いるかしらねぇ。
♀の方なら、小さな異常ですから、いいかもしれないけどね。
どうぞご応募ください。
って、もう遅いか。(汗)

コメントを閉じる▲
現在、Ashtakaプレスは、かなり熟成されています。
製作を始めてから、もう6年にもなるんですね。
よく続いているもんです。
毎年のように進化をし、同じφ20の丸ラックを使っている現在のType20Sと、初期のType-1とを、比較すると全く別物になっています。

Type-1は、強化改造もできないし、今の追加オプションも使えない完全なプロトタイプです。
完全な実験機ですから、これはこれでレアですけどね。
三階松さんのベーシックモデルよりは、いいものをと考えて作りましたが、現行機のType20Sと比べると、雲泥の差があります。

コストダウンと合わせて、Type-1より構造を2割ほど、強化したものがType-2です。
圧縮率も2割ほど上げました。
その後、構造を見直し、かなり強化したものが、Type-3です。
Type-2の強化改造もType-3並にできるようにしました。

現在のType20Sは、少しだけですが、さらに構造を強化しています。
構造上の強度は、三階松さんのストロングタイプさえも越えていると思います。
価格を同等まで上げれば、同じ圧縮率にできなくはないですが、丸ラックの寿命が心配ですから、そこは我慢しています。

それとは別に、丸ラックφ20の限界を感じ、上位機種も模索しています。
たとえ焼き入れした丸ラックを使用したとしても、寿命は延びますが強度は落ち、もろくなります。
強度を上げるとしたら、丸ラックのサイズを上げる以外手はありません。

それでできたのが、Type25SとType30Tです。
それぞれ、φ25とφ30の丸ラックを使用しています。
φ25でφ20の1.5倍、φ30でφ20の約2倍の強度があります。
同じ力で詰めれば、寿命もそれだけ延びることになります。

現在、Type30Tを使っていますが、思った以上に頑丈です。
価格は半端ないですが、数をやられる方や、超堅詰めをしたい方には、いいマシンだと思います。
まあ、業者のような方、向きですね。

普通のブリーダーは、Type20Sで十分です。
必要最低限の強度もありますし、軽くて使い易いベストサイズだと思っています。
価格も三階松さんのストロングタイプよりは、かなりお得ですしね。

Type20Sの次期製作は、11月に確定しています。
製作数も確定していますから、予約者がいっぱいになったら、来年回しになります。
既に半分以上の予約は埋まっています。
気になる方がおられましたら、早めにお問い合わせください。


FC2blog テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

【2017/07/01 20:48】 | 2017年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
プレスですから強度は考えちゃいますよね。良いものは値段が上がるのも仕方ない事ですよね。


Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんにちは。

部品が大きくなってのコストアップと、数が出ないためのコストアップの両方があります。
ボトル買いすることに比べれば、どんな高価格なものでも、すぐの元が取れると思うけどね。

それでも一度の出費が大きいですから、悩むのでしょうね。


コメントを閉じる▲
羽化がほぼ出そろいました。
今期の結果は散々です。
最大が85mm。
昨年の自己ギネスは、クリアできませんでした。
ただ1頭完品羽化した85mmが管理ミスで、片アゴが折れてしまいました。
なんともまあ、ショックです。
生き延びられるか微妙ですね。

やや上翅パカや、内翅出、やや尻出など、微妙な不全の85mmは4頭います。
使えるとは思いますが、使うつもりはありません。
84mmクラスが次期種親になるでしょう。

全体的なサイズアップはしているようですが、いかんせん♂の★や不全が多すぎです。
♂ブリード数が117頭でしたが、★と不全で56頭。(泣)
体重の乗った個体は全滅に近いです。

大型品種は普通の国産オオと同じ飼育方法では、そろそろ限界なのでしょうか。
もう一歩、階段を上るためには何らかの飼育方法の見直しが必要なんでしょう。
ただ、今までと違ったことをやるのは抵抗があります。
考え方が古いんでしょうね。

まずやるとしたら、飼育期間の減少からかな。
羽化時の体力が尽きた個体が多かったのではと思っています。
まあ、少しずつ自分が納得した範囲から見直していくつもりです。

写真を撮る気になる個体がいませんので、今回は写真はなし。
気が向いたら再測定し、完品で84mm程度の個体の写真をアップさせていただきます。


【2017/06/24 22:10】 | 2017年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
たかとぱぱ
幼虫を大きくしなければ大型は狙えないし、大きくすれば★や不全が多くなってしまい、大型の羽化は難しいんですね。
血統や飼育法の進化でこの壁を乗り越えられるといいですね。

こんばんは
さかな
顎が折れたのはショックでかいですね。
羽化時に落ちる個体は我が家でも出てきます。後少しの踏ん張りなんですが落ちてしまいます。


おはようございます
貴吉おやじ(たかきち)
ご無沙汰しております。
顎が折れた個体は残念でしたね。(涙)
大型個体の羽化はTOPブリーダでも難しいですね。
私も少しでも大きな個体を羽化させる事が出来る様
努力してまいります。

Re: こんばんは
ashtaka
たかとぱぱさん、こんばんは。

ただ私が下手なだけです。
一流ブリーダーは、既に乗り越えています。
真似をすれば、簡単かもしれませんが、納得しながら進んで行ってますから、時間がかかります。


Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

そうです。
ショック、デカいです。
ただ、アベレージ的にはそれほどのラインじゃなかったのが幸いでした。
来期はもう少し、完品羽化率を高めたいものです。


Re: おはようございます
ashtaka
貴吉おやじさん、こんばんは。

私、トップブリーダーじゃありませんから。(汗)
40gUPが出るのも初めての経験です。
来期はもう少し最後まで楽しめるといいですけどね。


コメントを閉じる▲
まったく削ってない産卵木の割り出しが1本だけ残っていますが、今期のブリード数の大枠が決まりました。

孵化済、114頭。
卵、51個。(曖昧な卵は数にいれていません。)

卵の未孵化分を加味して、全160頭って所です。
目標の200頭には及びませんでした。
(里子分は別にカウントします。)

1ライン当たり15頭程度を最大として、考えてきましたが、15頭以上のラインはわずか4ライン。
10頭未満のラインが多すぎです。
毎週1本を3回交換まではやりましたが、それであきらめました。
採れない♂もいて、ライン数も14ラインしかありませんしね。
昨年は20ラインありました。
自己ギネス85.8mmの同腹♀が2頭、冬の間に落ちていたのも、予定を狂わせました。

昨年は自己ブリ230頭、里子40頭でしたから、今期は大激減です。
控えめにボトルは作ってきましたが、それでも余りそうです。(汗)

まったく産まなくて苦労することはありましたが、産卵数がここまで延びないのは初めてです。
バースコントロールが効きすぎた感じがします。


能勢YG
AST17N-A1・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52mm (AST15-N8A)
・・・孵化済8頭。

AST17N-A2・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52mm (AST16-N8)
・・・孵化済17頭。

AST17N-A3・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀53mm (大鍬悶左衛門さん15A3、86.6mm同腹)
・・・孵化済8頭、卵4個。

AST17N-A4・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52.5mm (ともさん845550、88.5mm、86mmx3頭 同腹)
・・・孵化済14頭、卵2個。

AST17N-A5・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀50mm (AST15-N2B)
・・・孵化済4頭。


AST17N-B1・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀52mm (AST15-N1B)
・・・孵化済7頭。

AST17N-B2・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀52mm (AST15-N3A)
・・・孵化済8頭。

AST17N-B3・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀50mm (AST16-N8)
・・・孵化済8頭。

AST17N-B4・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀49mm (AST16-N10)
・・・卵12個。


AST17N-C1・・・♂83.5mm (ともさん845550、88.5mm、86mmx3頭 同腹) x ♀53mm (AST15-N3B)
・・・孵化済6頭、卵5個。

AST17N-C2・・・♂83.5mm (ともさん845550、88.5mm、86mmx3頭 同腹) x ♀50mm (AST16-N9B)
・・・孵化済14頭、卵3個。

AST17N-C3・・・♂83.5mm (ともさん845550、88.5mm、86mmx3頭 同腹) x ♀50mm (AST16-N16)
・・・孵化済6頭、卵13個。

AST17N-C4・・・♂83.5mm (ともさん845550、88.5mm、86mmx3頭 同腹) x ♀53mm (大鍬悶左衛門さん15A3、86.6mm同腹)
・・・卵12個。


久留米はこの1ラインだけです。
AST17K-P1・・・♂84.7mm(AST15-K1M) x ♀51mm(AST15-K1M)
・・・孵化済14頭。


【2017/06/18 10:54】 | 2017年ブリード
トラックバック(0) |

こんばんは
大鍬悶左衛門
ご無沙汰しております。
当方♀のご使用、有り難うございます。

今期の旗艦858から50頭以上とれたのは良かったですね。この中から親超えがくるんじゃないでしょうか?

私も今回幼虫とりに大苦戦したのですが、ashtakaさんは何か原因というかお心当たりありますか?

Re: こんばんは
ashtaka
悶左衛門さん、こんばんは。

何が原因・・・。
個体差か、温度か、産卵材か・・・。
このどれかだとは思いますが、どれと断定するのは難しいのでは。
個体差の要素が一番のような気がしています。

まあ、運が悪かったと思っておきますわ。

こんにちは
さかな
使う予定の個体が落ちちゃうと予定がかなりくるっちゃいますね。そんな状態でも貴重な幼虫を送って下さりありがとうございました。

Re: こんにちは
ashtaka

さかなさん、こんばんは。

お送りしたのは採れすぎたラインですので、ご心配なく。
このラインは、1週間で23頭も産んだ超爆産ラインです。

私のブリードスタイルは、1ライン当たり15頭前後が理想です。
血の良し悪しを判別するだけなら、数は不要です。



コメントを閉じる▲

少し前の話ですが、長らく使ってきた冷やし虫家が壊れました。
いつのまにか温度表示が消えています。

20170416_冷やし虫家-1

入っていたのはスマトラたち。
中の温度は30度ほどになっていました。
慌てて取り出し、ヘラを管理している冷やし虫家に移動。

一度、コンセントを抜き、指し直すと動き出しました。
あれっ、何が原因で電源が落ちたのだろうかと思って見ていると、突然、また電源が落ちました。
これは電源基盤の異常だろうな。
プレスマシンの製作が終わった後で良かった。

予備の電源基盤があるから、交換すればいいわと簡単に思ってました。
早速、交換してみたら、・・・・こちらでも同じ症状が出ます。
2つとも電源基盤が、壊れているのかしら。
それとも他に原因が・・・。
早速、シーラケースさんへ症状を説明し、どの部品がまずいのか聞いたら、やはり電源基盤が怪しいそうです。
代替できる市販の電源基盤を探してみました。
いわゆるDCコンバータって言うやつです。
それと同時に電気関係でいつも頼りになるMINAMIさんに相談です。
なんと、MINAMIさんから電源基盤の予備があるから、すぐ送るよと。
で、翌日には届きました。
ものすごく早い対応です。

古い電源基盤(左)と新しい電源基盤(右)との比較です。

20170416_冷やし虫家-4

新しい電源基盤は、取付穴やらコネクタが合わないので、それを合わせるためのベース板や変換ケーブルも付いています。
至れり尽くせりのセットですね。
新しい電源基盤を繋いだ所、無事に動きました。

20170416_冷やし虫家-5

実は繋ぐ際、ちょっと問題があり、すんなりと行きませんでしたが、MINAMIさんの指導を受けながら、自分で対処できました。
加工や組立などのスキルのない人は難しいかもしれません。

MINAMIさん、ありがとうございました。

【2017/06/12 21:51】 | 2017年その他
トラックバック(0) |

おはようございます
たかとぱぱ
自力で修理できるとは凄いです。
電気系に強い虫ともさんがいると心強いですね。

こんばんは
さかな
いきなりの故障は困りますね。取り替えて動くようになったようで良かったですね。

Re: おはようございます
ashtaka
たかとぱぱさん、こんばんは。

お陰でジャンクを集めるのが趣味になりまいた。(笑)
メカ的な部分は自分自身で、電気系はMINAMIさんで。
CPUの故障以外なら、どんなものでも直せますよ。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

故障ってのは、いつもいきなりです。(笑)
クワ部屋の中にありますから、壊れてもクワ部屋の温度になるだけです。
問題がるとしたら、クワ部屋のエアコンが壊れて時だろうな。
こればかりは、ヒヤヒヤしています。

コメントを閉じる▲