山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
もうまもなく、2本目への交換が始まるのに、遅ればせながら今期ラインの報告です。
今期の産卵はある意味コントロールし過ぎて、爆産ラインがなく、そこそこの数のラインが多い結果になりました。
自己ブリを200頭のつもりでいましたが、結果160頭ちょい。
少し物足らない所でしたが、タケセイヨウさん、kuwakobotoさんから、大量の援軍が届いています。
合わせて、かっつさんのプレで当選させていただいたチョネさんからも。
全部合わせて、なんとか200頭を超えることができました。

まずは、YGです。

AST17N-A1・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52mm (AST15-N8A)

AST17N-A2・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52mm (AST16-N8)

AST17N-A3・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀53mm (大鍬悶左衛門さん15A3、866同腹)

AST17N-A4・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52.5mm (ともさん845550、885、860x3頭 同腹)

AST17N-A5・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀50mm (AST15-N2B)

AST17N-B1・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀52mm (AST15-N1B)

AST17N-B2・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀52mm (AST15-N3A)

AST17N-B3・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀50mm (AST16-N8)

AST17N-B4・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀49mm (AST16-N10)

AST17N-C1・・・♂83.5mm (ともさん845550、885、860x3頭 同腹) x ♀53mm (AST15-N3B)

AST17N-C2・・・♂83.5mm (ともさん845550、885mm、860x3頭 同腹) x ♀50mm (AST16-N9B)

AST17N-C3・・・♂83.5mm (ともさん845550、885、86x3頭 同腹) x ♀50mm (AST16-N16)

AST17N-C4・・・♂83.5mm (ともさん845550、885mm、86x3頭 同腹) x ♀53mm (大鍬悶左衛門さん15A3、866同腹)


ここから、kuwakobitoさんと、タケセイヨウさんからの里子です。

AST17N-E1(kuwakobito氏1701)・・・♂83mm(Gull氏1522、883同腹) x ♀53mm(Gull氏1524、887同腹)

AST17N-E2(kuwakobito氏1703)・・・♂83mm(Gull氏1522、883同腹) x ♀53mm(Gull氏1515、860同腹)

AST17N-E3(kuwakobito氏1704)・・・♂83mm(Gull氏1522、883同腹) x ♀50.5mm(kuwakobito氏16S1)

AST17N-F1(kuwakobito氏1705)・・・♂86.4mm(kuwakobito氏14D) x ♀52.5mm(龍氏15YG17)

AST17N-G1(タケセイヨウ氏17YG-B3)・・・♂85.4mm(タケセイヨウ氏15YG-A104) x ♀52mm(REGA氏16YG-G1)

AST17N-G2(タケセイヨウ氏17YG-B2)・・・♂85.4mm(タケセイヨウ氏15YG-A104) x ♀55mm(マサレッド氏15-429)

AST17N-G3(タケセイヨウ氏17YG-B4)・・・♂85.4mm(タケセイヨウ氏15YG-A104) x ♀54.5mm(gifunotaka氏16YG-A6)


久留米は以下の2ラインだけです。
まずは、チョネさんのKLBへ参戦しているラインです。
AST17K-P・・・♂84.7mm(AST15-K1M) x ♀51mm(AST15-K1M)

AST15-K1Mの血統背景は以下の通り。(いろんな有名血統が混じり合っています。)
♂親81mm(2013-K8、クマモン氏里子)・・84.5mm(クマモン氏 2011-1A)x53.5mm(shima氏 2011-10(854同腹))
♀親52.5mm(2013-K6)・・82.5mm(みかん氏 2011-2A(857同腹))x 52mm(メルリン氏 2011-10(866同腹))
今回は珍しく、インブリで挑戦です。
と、言うか、このラインしか久留米が残っていなかったんだな。(汗)


そして、かっつさんのプレで当選させていただいたチョネさんからのラインです。
AST17K-Q(チョネ氏2017-18)・・・♂81mm(マツノ2015-51、870x2同腹) x ♀54mm(虫蔵氏2015-19、865同腹)


皆さん、ありがとうございました。
来期への楽しみが広がります。
今後ともよろしくお願いします。


【2017/08/17 19:25】 | 2017年ブリード
トラックバック(0) |

こんにちは
さかな
凄く成長した幼虫が出てくればいいですね。
チョネさんのラインが気になっちゃいます!


Re: こんにちは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

チョネさんのラインは、再来年のKLB参戦用になればいいなと思っています。
たった1ラインで、どこまで上手くいくものでしょうね。
希望を持って育てたいと思っています。

コメントを閉じる▲
ようやく最後の個体が羽化しました。
今期の羽化結果は、さんざんです。
それでも継続が信用にもつながりますから、管理票をアップします。
自己ブリ個体の累代は、ほとんど淘汰されそうです。
新しい血を求めて彷徨っています(笑)
どこかにいいラインいないでしょうかねぇ。

今期最大の個体はアゴ折れのこの個体。
AST16-N16-2-85.2mm(toplegend氏1608里子)

20170717_16-N16-2-852-B

完品最大はこの個体。
AST16-N10-4-84.2mm

20170717_16-N10-4-842


【2017/08/15 09:03】 | 2017年ブリード
トラックバック(0) |

こんばんは
大鍬悶左衛門
85mmの顎は残念でしたね。来期まで生きて、種を残してくれることを願います。

ところでこの顎、どのように折れちゃったんですかね?

こんにちは
貴吉おやじ
85mmUPの個体は残念ですね。(涙)
羽も閉じて綺麗だし完品であればと、つい思ってしまいました。



Re: こんばんは
ashtaka
悶左衛門さん、こんばんは・

もう数カ月生きていますし、後食も始めましたので、大丈夫じゃないでしょうか。

アゴの折れた原因はよくわかりません。
おそらく、ボトルのフタにでもひっかけたのだと思います。


Re: こんにちは
ashtaka
貴吉おやじさん、こんばんは。

残念ですが、使えなくはないと思っています。
完品であっても自己ギネスは超えていませんので、まだあきらめもつきますわ。
来季はもっと上を目指したいと思っています。

コメントを閉じる▲
まったく削ってない産卵木の割り出しが1本だけ残っていますが、今期のブリード数の大枠が決まりました。

孵化済、114頭。
卵、51個。(曖昧な卵は数にいれていません。)

卵の未孵化分を加味して、全160頭って所です。
目標の200頭には及びませんでした。
(里子分は別にカウントします。)

1ライン当たり15頭程度を最大として、考えてきましたが、15頭以上のラインはわずか4ライン。
10頭未満のラインが多すぎです。
毎週1本を3回交換まではやりましたが、それであきらめました。
採れない♂もいて、ライン数も14ラインしかありませんしね。
昨年は20ラインありました。
自己ギネス85.8mmの同腹♀が2頭、冬の間に落ちていたのも、予定を狂わせました。

昨年は自己ブリ230頭、里子40頭でしたから、今期は大激減です。
控えめにボトルは作ってきましたが、それでも余りそうです。(汗)

まったく産まなくて苦労することはありましたが、産卵数がここまで延びないのは初めてです。
バースコントロールが効きすぎた感じがします。


能勢YG
AST17N-A1・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52mm (AST15-N8A)
・・・孵化済8頭。

AST17N-A2・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52mm (AST16-N8)
・・・孵化済17頭。

AST17N-A3・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀53mm (大鍬悶左衛門さん15A3、86.6mm同腹)
・・・孵化済8頭、卵4個。

AST17N-A4・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52.5mm (ともさん845550、88.5mm、86mmx3頭 同腹)
・・・孵化済14頭、卵2個。

AST17N-A5・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀50mm (AST15-N2B)
・・・孵化済4頭。


AST17N-B1・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀52mm (AST15-N1B)
・・・孵化済7頭。

AST17N-B2・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀52mm (AST15-N3A)
・・・孵化済8頭。

AST17N-B3・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀50mm (AST16-N8)
・・・孵化済8頭。

AST17N-B4・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀49mm (AST16-N10)
・・・卵12個。


AST17N-C1・・・♂83.5mm (ともさん845550、88.5mm、86mmx3頭 同腹) x ♀53mm (AST15-N3B)
・・・孵化済6頭、卵5個。

AST17N-C2・・・♂83.5mm (ともさん845550、88.5mm、86mmx3頭 同腹) x ♀50mm (AST16-N9B)
・・・孵化済14頭、卵3個。

AST17N-C3・・・♂83.5mm (ともさん845550、88.5mm、86mmx3頭 同腹) x ♀50mm (AST16-N16)
・・・孵化済6頭、卵13個。

AST17N-C4・・・♂83.5mm (ともさん845550、88.5mm、86mmx3頭 同腹) x ♀53mm (大鍬悶左衛門さん15A3、86.6mm同腹)
・・・卵12個。


久留米はこの1ラインだけです。
AST17K-P1・・・♂84.7mm(AST15-K1M) x ♀51mm(AST15-K1M)
・・・孵化済14頭。


【2017/06/18 10:54】 | 2017年ブリード
トラックバック(0) |

こんばんは
大鍬悶左衛門
ご無沙汰しております。
当方♀のご使用、有り難うございます。

今期の旗艦858から50頭以上とれたのは良かったですね。この中から親超えがくるんじゃないでしょうか?

私も今回幼虫とりに大苦戦したのですが、ashtakaさんは何か原因というかお心当たりありますか?

Re: こんばんは
ashtaka
悶左衛門さん、こんばんは。

何が原因・・・。
個体差か、温度か、産卵材か・・・。
このどれかだとは思いますが、どれと断定するのは難しいのでは。
個体差の要素が一番のような気がしています。

まあ、運が悪かったと思っておきますわ。

こんにちは
さかな
使う予定の個体が落ちちゃうと予定がかなりくるっちゃいますね。そんな状態でも貴重な幼虫を送って下さりありがとうございました。

Re: こんにちは
ashtaka

さかなさん、こんばんは。

お送りしたのは採れすぎたラインですので、ご心配なく。
このラインは、1週間で23頭も産んだ超爆産ラインです。

私のブリードスタイルは、1ライン当たり15頭前後が理想です。
血の良し悪しを判別するだけなら、数は不要です。



コメントを閉じる▲
オオクワの雌雄同体個体が出ました。

20170527_16-N11-04-1.jpg

20170527_16-N11-04-2.jpg

ネットではよく見ますが、現物は始めてみました。
頭から胸にかけて、♀が混じっている感じです。
♂の部分で80mmほどあります。
交尾器も出たままなので、先は短いかな。


FC2blog テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

【2017/06/08 21:30】 | 2017年ブリード
トラックバック(0) |

こんばんは
大鍬悶左衛門
子供の頃ミヤマクワガタの左右半分ずつの雌雄同体を図鑑で見て「合成だろうな」なんて思ってました。クワブリをするようになって稀にヤフオクに出ているのを見て、ようやく「実際にあるんだな」と感じました。

今回写真を見せてもらって右前方1/4がしっかり♀になっていてびっくりしました。特に前胸背板右前の艶の変化で、改めて雌雄同体の存在に納得がいきました。

国産オオクワはブリード人口も相当なものだと思いますが、それでもブログで拝見するのは初めてですから、やっぱり珍しいんでしょうね。

こんばんは
さかな
お~凄いのが羽化してきましたね。良く見かけますが、我が家はまだ羽化した事ないです。

おはようございます
たかとぱぱ
ネットで見たことは在りますが、珍しいですね。
しかも♂部分で80mmなんてなかなか無いんじゃないでしょうか。
何れくらいの確率で発生するんでしょうね。

Re: こんばんは
ashtaka
悶左衛門さん、こんばんは。

掘って最初見た時、片アゴが不全だとばかり思いましたわ。
よく見ると、あれっコレって雌雄同体??
完全に半々じゃない中途半端な感じですね。
どんな遺伝子の異常でこんな半端な姿になるのでしょうか。
不思議ですね。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

オクでは時々見るけど、それ以外で見たことないです。
ここまで中途半端な雌雄同体も初めて見ました。
不思議な形状です。

Re: おはようございます
ashtaka
たかとぱぱさん、こんばんは。

♂の比率が高いせいで、ここまでのサイズがいったのでしょうか。
大型品種だというせいでもあるだろうけどね。
YGでの雌雄同体、過去に出たことあるのかねぇ。


こんばんは
かっつ
立派な雌雄同体ですね。
♂の部分で80mmってかなり大型で貴重です^^
短命かもしれませんがしっかり標本にしておきたいですね。

以前うちでもババオウゴンで出たことがありましたが
見れば見るほど不思議な個体でした。


Re: こんばんは
ashtaka
かっつさん、こんばんは。

雌雄同体とは言え、♀の比率が少ない気がするのですが・・・。
こう言ったムラ具合も珍しいのでしょうかねぇ。

雌雄同体は、もっとハーフ&ハーフばかりだと思ってました。


コメントを閉じる▲
ともさんからの補強個体の種が、ようやく確認できました。
お試し産卵2頭でダメだったから、あきらめていたら、もう2頭ペアリングしていた♀がしっかりと産んでくれました。
お試し産卵で使った♀のせいなのか、♂がようやくやる気になったのか・・・。
いずれにしても、良かったですわ。

今期は数を産んでくれないラインが多く、10頭以上確保できたラインが数ラインしかありません。
私は産卵木1本を転がしておくだけで、1週間ごとに卵割り出しします。
その採れ数次第で再セットです。
中には1回当たり2~3個しか産んでくれなくて、3セットしても卵10個行かないようなラインもあります。
3週間で10個も採れないとなると、さすがに嫌になります。
自己ブリ200頭、里子も合わせて250頭をMAXとしていますが、まだ150頭も採れていません。
最後は採れているラインを再セットすれば、数は合わせることができますが、1ライン当たり20頭もいれば十分なんだわ。
まあ、最後の帳尻合わせは、得意ですから、何とかなるでしょう。

今期からライン番号を見直すことにしました。
毎年、同じような番号で、自分自身でも混乱していたことと、皆さんの表記に少し合わせることで、分かりやすくしたつもりです。
まずは頭に、私の略号、AST。・・・2文字にしようか悩んだけど、大勢の方が同じような表記をされると、限界がすぐに来そうかなと思い、3文字にしました。
次に孵化年号、17。
能勢と久留米で、Nか、K。
(これは産地より血統で分けた方がいいかもしれませんが、純血の度合いが難しいかとも思っています。川西を考えると2文字の方がいいかもしれません。とりあえず今期、私はNとKで行きます。)
♂の番号をアルファベットで、A~。
♀の番号を数字で、1~。

まとめると、
AST17N-A1・・・ashtaka2017能勢-♂A、♀1の略号です。
と、言う感じです。

久留米と能勢の混同を少しでも避けるために、久留米の♂はPからスタートです。
バトルに参加している久留米は
AST17K-P1ですね。

過去の番号は変えません。
しばらくは、いろいろな表記がごちゃまぜになりますが、数年経てばすっきりするでしょう。


【2017/06/03 22:07】 | 2017年ブリード
トラックバック(0) |

おはようございます
さかな
管理番号を決めるのも大変ですね。多くの幼虫確保を出来るといいですね。

ライン番号
アトム
ashtakaさん
こんばんは(^-^)プレス機活躍しております(^^;;
ブロック崩しが一番大変になりました。
ライン番号は我が家は、欠番出したくないので、
最終的に割り振ります。予定数確保できると良いですね(*^^*)

Re: おはようございます
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

大変と言うか、簡単な記号に済ませたいけど、簡単なほど、後から勘違いしやすくなります。
出来るだけシンプルに、かつ、混乱しないことが重要です。
他の人が見てもわかりやすいことも加味しました。

Re: ライン番号
ashtaka
アトムさん、こんばんは。

お役にたっているようで幸いです。
私も孵化が始まるまでは、ライン番号決めてません。

最終的には予定数、確保できると思いますよ。
里子も届くでしょうからね。



コメントを閉じる▲