FC2ブログ
山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
今年1年、何があったかと振り返ってみました。

私にとって、人生の転機になった1年でした。
大きな出来事が二つ。
まずは、会社から解放され、独立することになり、すごく自由に過ごせるようになりました。
ノルマをこなしつつ、人を養うというストレスから解放され、ホッとしています。
これからは、自分の信念に合う仕事を選んで、やっていきたいものです。
もうひとつは、今まで不便を強いられてきたことが、秋のサイボーグ手術(笑)で、大幅に改善したことです。
ブログでは、詳しくは言えませんが・・・。

ただ、ブリードの方は、散々です。
昨年のType30T初使用で、堅く詰めすぎ、ブリード数が激減したのが最後まで尾を引きました。
今期の経過も今ひとつです。

次にAshtakaプレス。
ベーシックモデルであるType20Sは、円熟モデルになってきました。
上位機種Type30Tも、少量ながら生産体制も整えられてきています。
毎ロットで数台ですが、作り続けることができています。
Type25Sだけは、予約数が集まりません。
そろそろ廃版にしようかな。

メンテナンスも改造も修理も、受けることができるようになっています。
自分で言うのも何ですが、個人のレベルを超えてきていますね。
けど、だからこそ、改良を絶えず続けることができます。
ちゃんとした商品だと、変更に次ぐ変更なんて、信用されませんからね。
まあ、はっきり言って、やらなくてもいいような改良がほとんどですわ。
同じものを作っていると、すぐに飽きてしまいますから、続けるための策みたいなもんです。

来年は何を目標にしようかしら。
ブリードで87mmUP・・・、もう2年も前からの目標です。(汗)
Ashtakaプレスは、これ以上、考えることは少ないかな。
いろいろなボトルに対応できるいろいろな種類のプレス部も、随時製作していきます。
ご協力していただける加工屋さんのお陰です。

まあ、来年も悪いことが起こらなければ、それだけで十分ですわ。
何事もなく続けていけることが一番です。

それでは、皆さん、今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。


【2018/12/30 11:46】 | 2018年その他
トラックバック(0) |

こんにちは
さかな
独立なさってたんですね。大変でしょうが自身の計画で作業できるかもですね。
今年もいろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

お久しぶりです
大鍬悶左衛門
大幅に改善されたとのこと、何よりです。中部東海の大ベテラン、これからもけん引をお願いします。良いお年を。

Re: こんにちは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

毎回のようにコメントありがとうございます。
来年も1~2週間間隔で投稿していきたいと思っています。

来年もよろしくお願いします。


Re: お久しぶりです
ashtaka
お陰様でかなり改善して、助かっています。

ベテランと言うか・・・・年だけは食っている発展性のないブリーダーですが・・・。(汗)


今後ともよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。


こんばんは
toplegend44
今年もお世話になりました!
今後とも宜しくお願いします。
良いお年を!

Re: こんばんは
ashtaka

toplegend44さん、こんばんは。

こちらこそ、お世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。


コメントを閉じる▲
来年3月納品分のAshtakaプレス、加工屋さんに発注しました。

多少、余裕をもって発注しましたので、まだ、予約は受けられます。
ご希望の方は、どうぞご予約下さい。
ただ、オプションの発注数に限りがありますので、余剰のないオプションをご希望の場合、来年秋のロットまでお待ちいただくことになります。
今年いっぱいは、追加できる可能性もありますが・・・。

後は部品が出来てくるまで、待つだけです。

ご予約された方には、最終確認のメールを差し上げています。
届かないと言う方も時々おられますので、届いた旨をご一報下さい。
よろしくお願いします。

【2018/12/23 18:19】 | 2018年プレスマシン
トラックバック(0) |
3本目への交換開始しました。
世間からは低いかと思いますが、35gUPをアップしていきたいと思っています。

AST18N-C2
♂親82.9mm (B団、団長氏16YG7、895、880x2同腹)・・♂87mm (Gull氏1415、881、875同腹) x ♀55.5mm (とも氏865520、883、872同腹)
♀親53mm (エバクワ氏16NO-4、881、877、866同腹)・・♂85.1mm(エバクワ氏14NO-12、870同腹) x ♀51.5mm (エバクワ氏15NO-19)

35.7g、2頭。

20181129_18N-C2-1-357.jpg

20181124_18N-C2-3-357.jpg


AST18N-D2
♂親83.5mm (とも氏15-845550、885同腹)・・♂84.5mm (Gull氏2012-04、874同腹) x ♀55mm (とも氏852530、881同腹)
♀親52mm (AST17N-E2、kuwakobito氏1703里子)・・♂83mm(Gull氏1522、883同腹) x ♀53mm (Gull氏 1515、860同腹)

こちらも35.7g。

20181210_18N-D2-1-357.jpg

3頭とも、全く同体重。
何だかなぁ。

当たり前のことですが、写真の使い回しはしてませんので。



【2018/12/16 23:08】 | 2018年ブリード
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
うちは小数点から下が表示されないので、同じ体重は
連続です!
いい具合に体重乗ってますね。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

数のない中で、ここまでそろうのは珍しいです。
こんな体重でも完品羽化してくれたことありませんから、それをただ祈るばかりです。

コメントを閉じる▲
ガイドパイプの種類を増やしたことに合わせて、プレス部の種類も増やします。
まずは、もっともベーシックなプレス部3種。
ガイドパイプの使用には不向きですが、肩口までしっかり堅く詰めたい方にはお勧めです。

20181205_プレス部1

次に、800ボトル用プレス部。
神長さん(千曲)800ボトルは、φ76プレス部。DOS(4つ穴)小ボトルにも使えます。
DOS(3つ穴)小ボトルは、φ74.5プレス部。北斗のボトルでも使えます。
ガイドパイプ内径は77mmですから、少し隙間が大きく、菌糸がプレス部上にあふれてくることがあります。
EXCEEDさんの800ボトルは、千曲と北斗が混在しているようで、注意が必要です。

20181205_プレス部2


次に1400用プレス部。
φ99プレス部は、パイプ内径100mmのガイドパイプを使えれば、どんなボトルでも詰められます。
φ105.5プレス部は、パイプ内径107mmのガイドパイプを使い、神長さん(千曲)1400ボトルを詰められます。DOS(4つ穴)大ボトルにも使えます。
φ103.5プレス部は、DOS(3つ穴)大ボトルに使えますが、ガイドパイプは使えません。

20181205_プレス部3

【2018/12/09 22:41】 | 2018年プレスマシン
トラックバック(0) |
いろいろなボトルで使用できるようにと、オプション品のバリエーションを増やします。

まずは、ガイドパイプ。
基本、神長さん(千曲)のボトルを基準で作ってきましたが、先日、DOSさんの3つ穴ボトルへも対応できる様にしました。
800ccボトル用はボトルの口元内径とパイプ内径が合うように、作成できていましたが、1400ccボトル用は、口の内側に差し込むようなガイドパイプにしてました。
厚肉塩ビパイプを使っていたため、そうせざるを得ませんでした。
今回、新しく神長さん(千曲)のボトルの口元内径とパイプ内径が合うように、薄肉塩ビパイプを使用したガイドパイプを作成しました。

20181203_1400_2段パイプ

注意事項です。
2つの部品を接合して製作してありますので、接合部の隙間にゴミ入ったり、カビが発生したりするかもしれません。
薄肉の塩ビパイプを使いますから、厚肉塩ビパイプの物より、口元のテーパ面取りが減って、プレス部を入れる際、より注意が必要になります。
プレス部は、今までのφ99に加えて、φ105.5を用意する予定です。
直径が少し大きくなりますので、価格もアップします。
大きな直径のプレス部は、丸ラック径20mm(Type20S)では、かなり無理をすることになりますので、ご注意ください。

ガイドパイプの基本バリエーションは、以下の4種類になります。
(G-pot用のも別途製作できます。)

20181205_ガイドパイプ


【2018/12/08 16:13】 | 2018年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
ガイドパイプも結構自作する人が増えているように
感じます!
とても便利なアイテムですからね。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

そうですね。
ただ、ボトルの種類も多く、出来るだけ多くの方の要望に応えようとすると大変です。
少しずつアイテムを充実させていくつもりです。


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲