山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
私は毎年、卵で割り出ししています。
今期の採卵は順調なラインとそうでないラインが極端です。
全部で17ライン組んだのですが、採れたのは9ライン。

自己ブリ早期羽化の6ライン、全滅が痛い。
まったく産卵行動に入ってくれません。
早めにスタートしたのが、まずかったのでしょう。
どこまで引っ張ろうかしら。

補強したエバクワさんとyuipapaさんからの♀は無性卵ばかり。
再ペアリングまでさせたのになぁ。
♂の種は確認していますので、相性が悪いのでしょう。
現在のセットがダメなら、すっぱりと諦めます。

ダメなラインを除いても、他で150頭近くは採れてますから、まあまあですわ。
目標の200~250頭には、まだまだですけどね。
早期羽化組が採れないと、難しそうです。

KLB用の久留米も孵化が始まっています。
YGで、2ラインだけ、採れ過ぎがありますから、里子へ飛ばす先、打診中。(笑)

今期も始まりました。
また、1年、楽しみましょう。


【2018/05/07 23:15】 | 2018年ブリード
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
予定のようにいかないとがっかりですよね。
うちも産むんですが卵が黒く腐る個体がいます。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

採れないラインが出るのも予定通りと言えば予定通りです。(汗)
全ライン、しっかり採れては完全にキャパオーバー。
ただ、もう少し採りたい所ですね。

今週、新たに3ライン採れるラインが増えました。
これで、予定通り、ですね。


コメントを閉じる▲
虎壱さん所に収めたType30T-TPですが、使い慣れてきたようで、1000cc2本同時詰めで65秒と言う記録を出されたようです。(2018/4/18日記)
すごいですね。
位置決め等を充実させれば、もっと早くなる可能性ありですね。

今季初の菌糸詰めです。
昨年は、Type30Tの初詰めで調子に乗って堅詰めしすぎ、菌糸はキレイに回ったものの、投入した幼虫が酸欠で半減すると言うミス。
その反省を生かし、1本目は控えめに詰めるためType20Sを使います。
Type30Tの使用は2本目以降とします。
1400ccのワンプレスには、Type30Tは、必須ですからね。

今回は、Type20Sとガイドロッドを使用して、作業しました。
(動画にあります。)

20180414_菌糸詰め1

結果、ブロック崩しとボトル詰めだけで、12ブロックを1時間ちょいかな。
ボトルやマシンの準備や、詰めた後のボトル片付け、掃除まで入れて、1時間半って所です。

20180414_菌糸詰め2

できたボトルは、51本です。
早くなったとは思うけどね。
それでも、昔ほどではないにしろ疲れる作業には違いないですわ。

【2018/04/22 19:06】 | 2018年プレスマシン
トラックバック(0) |

菌糸詰め
虎壱
今や楽しいと思える作業になりつつある・・・笑
本当に楽になりました^^あれほど苦痛だった菌糸詰めだったのに(笑)製作して頂きホント感謝です!あっ!そうそう、早く『自動菌糸ブロック崩し』開発してください~笑

こんばんは^ ^
ぼーず
確かに疲れる作業ではありますが、もう二度と手詰めには戻れないと断言できるくらい楽になりました^ ^ 戻る事になった時は引退ですかねw そんな時の事も考え一応、前のプレス機は保管してますが(^ν^)直せないレベルで壊れた時は即連絡しますので宜しくお願い致します(>人<;)

Re: 菌糸詰め
ashtaka
虎壱さん、こんばんは。

ブロック崩しや、ボトルへの菌糸入れと効率化すれな、どれほど早くなるのでしょうか。
自動ブロック崩し機、頭の中にはありますが、問題も多く、実現までは遠いっす。
何か、アイデアのブレークスルーがあるといいけどねぇ。

Re: こんばんは^ ^
ashtaka
ぼーずさん、こんばんは。

確かにマシン無なんて、もう想像もつかないですね。
ただ、理想を言うと、お金持ちになって、既成ボトルを買うのが一番かな。(笑)

コメントを閉じる▲
例年よりかなり早いですが、今期の産卵をスタートさせました。

20180407_産卵開始

もう始めている方も見かけますが、私としてはもう少し先の方が管理しやすいんですけどね。
2本目への交換を早く終わらせなければならない個人的都合ができたため、そこから逆算し、スタート日を決めました。

前期の個体も蛹化が順調に進んでいます。
♀はほとんど終わり、♂が半分と言った所でしょうか。
天地反転ディスクのせいかわかりませんが、暴れがほとんどなく、ホッとしています。
これが、完品羽化につながればいいんですけどね。
♂個体の数が少なすぎるせいで、データとして成り立たないのが難点です。
まあ、前期は1本目で大失敗してますから、今期はその反省を生かせれば十分でしょう。

先ずは、幼虫の予定数確保から、ですね。
ライン数が多いですから、順調に採れすぎると困りますが、そんな悩みは後から考えればいいでしょう。


【2018/04/14 16:38】 | 2018年ブリード
トラックバック(0) |

こんにちは
さかな
産卵がうまくいけばいいですね。
ディスク、暴れがないならばダイエットもしなくなりますよね!?
大きく羽化させたいならばディスクはかなり良いのでは!?

Re: こんにちは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

何にせよ、♂の数がいないですから、評価のしようがないんですわ。
他にも変えた所もあり、どれが効果があったのかもわからないですしね。
まあ、検証は来期に行います。

コメントを閉じる▲
次に、G-pot用のガイドパイプです。
G-potスタウトの900~2000のボトル用です。

2000はType20Sでは、少し背が高いため、差し込みにくいかもしれません。
口元内径が103mmほどですから、1400用ガイドパイプのようにボトル内側に差し込むことができません。
で、800用ガイドパイプの様に、ボトル外側に差し込むようにしました。

20180217_gpot-1.jpg

口元に4mmの隙間ができますが、何とか押し込めます。

20180217_gpot-2.jpg

20180217_gpot-3.jpg


塩ビパイプのJIS規格がありますので、何でも作れるわけではありませんが、ご希望のボトルがあれば、検討はできます。
お気軽にどうぞ。


【2018/04/09 19:11】 | 2018年プレスマシン
トラックバック(0) |
次に、Dosさんの3つ穴小さなボトル(830cc)用のプレス部です。

20180217_3-74-0.jpg

標準的な800用省プレス部は、ガイドパイプの内径より、1mm小さいφ76で作っていました。
Dosさんの830ccの3つ穴ボトルの口元内径は、φ75ですから、φ76のプレス部は入りません。
で、φ74のプレス部を作ってみました。
ガイドパイプとの隙間が多くなるのが、どうなるか、です。

片側に寄せて見てみると、3mmの隙間は結構大きいですね。

20180217_3-74-1.jpg

押して上げると、隙間から上にあふれたマットが、プレス部の上に少しだけ乗ってきます。

20180217_3-74-2.jpg

まあ、払い落せば済む事ですから、使えるレベルだと思います。
できるだけ、真ん中で押せば、上に乗る量も減るでしょう。

ご希望なら、どうぞ。


【2018/04/08 09:20】 | 2018年プレスマシン
トラックバック(0) |

おはようございます^ ^
ぼーず
dosさん3つ穴830タイプのプレス部!
欲しかったのですが、もう使いたくないガラス瓶も大量にあったのでプレス機を買う時に瓶の総入替する方向で決めて、正に今 オクに出品中です(^^;)
3つ穴1500タイプの件ですが1個お願いできますでしょうか。
1500用ガイドパイプを全く試してなかったようです(^^;)
9割3つ穴&フジコンタイプなのに…
Ashtakaプレスの到着に興奮して忘れたようです(^^;)
メールフォームから正式に依頼した方が宜しいでしょうか?
宜しくお願い致します。



Re: おはようございます^ ^
ashtaka
ぼーずさん、こんばんは。

タイムリーにお届けできなくてすいません。
詳しくは私信にてお伝えした通りです。

よろしくお願いします。


コメントを閉じる▲