山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
こんな警報、初めて聞きました。
ただ、家の周りでは普通の雨です。
夜間に少し土砂降りの時間帯があった程度です。
同じ市内でも、北部の方は大変なようでしたけどね。

ただ、家から見える川はこんなすごいことに。
ここまで増水しているのを見るのは初めてです。

20180708-1.jpg


夕方にはすっかり普段通りまで引きました。

20180808-2.jpg

天候は怖いわ。

私としては直接の被害はありません。
ただ、1点・・・。
今日、届くはずの生体が届かない。
ヤマトに聞いてもいつ届くのか、分からないそうです。

被害に合われた方から見ると、バカみたいに小さな悩みですが、ショックです。

被害に合われた皆さま方へ。
さぞかし、大変な思いをしておられることでしょう。
一日も早い復旧と、皆様が日常の生活に戻れるよう、心よりお祈りしております。


【2018/07/08 17:03】 | 2018年その他
トラックバック(0) |


虎壱
こんばんわ。凄い事になっていますね・・・アシュタカさんの方は何事も無いようで安心しました。広島の友人は大変な事になっているようで心配です。今後の天候にくれぐれもお気を付け下さいね。

Re: タイトルなし
ashtaka
虎壱さん、こんばんは。

私の周りはたいしたことありません。
お気遣いありがとうございます。

被害にあわれた方には、何と声を掛けていいかさえ分かりません。
一刻も早い復旧を祈るばかりですね。

コメントを閉じる▲
アイスクラッシャを使ったら、どんな崩し具合になるのか、実際にやってみました。
多めに幼虫が採れてもいいように、大量に作ってあった菌糸プリカがあったので、使わなかった分を使って実験です。
乾燥してかなり堅い状態です。

20180601_アイスクラッシャ_3

20180601_アイスクラッシャ_4

20180601_アイスクラッシャ_5

20180601_アイスクラッシャ_6

20180601_アイスクラッシャ_7

20180601_アイスクラッシャ_8

20180601_アイスクラッシャ_9

20180601_アイスクラッシャ_10


崩したものは、かなり粗いですが、簡単に崩せます。
上から押える必要もありません。
もっと細かい桟にすれば、いい感じに砕けるのではないでしょうか。
その細かさ具合を確かめるには試作しかありませんが、調整次第でいいものが出来ると確信はあります。


菌糸崩しとして、特許を取ってもいけるのではないかな。
設計図だけで出願だけでもしておくのも手ですね。

まあ、何にせよ、作ったとしても高価になりすぎるから、欲しい人がいるとも思えないですわ。
日の眼は見る可能性は極めて低いでしょう。

プレスマシンを計画している際も最初は実現できないと思ってましたが、皆さんの後押しで今ではどこにも負けないマシンまで進化してきています。
ただ、分離ボトルは計画倒れで終わってます。
先はどうなるか、皆さんの反応次第かな。



【2018/06/24 16:11】 | 2018年その他
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
ブロック崩し機とはスゴいですね。
良い物を作るには長い年数もかかりそうですね。
世に出回れば崩しが楽になりそうです!



藤井
こんばんは。

初めてコメントさせていただきますが、私は欲しいです。
菌糸詰めの時間短縮と疲労軽減。
それと何よりashtaka 様の新しい挑戦の応援。
日の目を見る事がないかもしれませんが、楽しみが一つ増えたみたいで嬉しいです。


管理人のみ閲覧できます
-


Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

これは、実現、遠そうです。
価格的に無駄な挑戦になりそうです。

Re: タイトルなし
ashtaka
藤井さん、こんばんは。

プレスマシン購入していただいた方でしょうか。
試作しても安く作れる可能性がないことには、先がつながりません。
似たような構造のマシンがあり、部品交換でいければ面白いけどね。

応援ありがとうございます。
こういう声が多くないと、動けませんわ。

コメントを閉じる▲
前回の投稿で設計図だけではブロック崩し機のイメージが湧き辛いかと思い、私なりの第一歩を書いてみます。

ブロック崩しの機械化を考えているのはずいぶんと昔からです。
手作業モノでは、エキスパンドメタルの網を使いスライドさせるのが一般的です。
ただその方式で機械化すると、上から押さえつける力が必要になる。
その力を安定させるいい方法が見つからないため、具体化まで行けません。
網だと掃除が大変だと言う点も気になりました。

次に考えたのは水平回転型。
キャベツスライサーの流用も考えましたが、おそらく粒子が微粒子になってしまいます。
カッターがすぐに切れなくなるだろうとも想定できます。
ガーデンシュレッターのようなものを考えました。
これも押える力が必要なため、却下。
水平回転型は回転が速すぎると、熱で菌糸がやられる危険が大きい点もあります。
そのさじ加減が難しいだろうと。
菌が弱るのは目に見えませんので、どこまでなら大丈夫か測ることができません。

一度はここで挫折しました。

で、こんなマシンを見て、この方式なら面白いのではと、閃きました。
アイスクラッシャーです。

20180601_アイスクラッシャ_1

このままでは、スキマが大きすぎて使い物になりません。

20180601_アイスクラッシャ_2

購入後、改造しようかと思いましたが、作りを見ると、どこも圧入で組み立ててあり、分解することもできません。

続く

FC2blog テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

【2018/06/23 19:08】 | 2018年その他
トラックバック(0) |
プレスマシンの進化が進み、作業の中でブロック崩しの負担割合が増してきています。
作るかどうかは未知数ですが、私なりのイメージを書いてみました。

BK-1-2.jpg

デカいです。
1m近い高さがあります。
どこまで細かく砕けるのか、やってみないとわかりません。
おそらく、何度か作り直すことになるでしょう。
試作して砕き具合を見なければならないため、開発費がどうなることか・・・。

価格も重量も半端なくなりそうです。
数が出たとしての大雑把な試算で、価格10万、重さ30kgで、できればいいって所かな。

モータを付けた電動タイプも検討してみました。

BK-2-2.jpg

電動であれば、菌糸詰め作業の横で、ブロックだけ投入してやれば、勝手に崩してくれるから、その点はいいですね。
ただ、掃除をどうするか。
電気が関係すると、水をかけることが出来なくなるのが問題です。

凄く大雑把な試算で、電動式の価格は20万、重さ40kg。(汗)
売れるとは思えないから、試作までは行けないだろうな。
幾らでもいいから欲しいと言ってくれる、太っ腹な人でも現れないかしら。(笑)



【2018/06/21 18:59】 | 2018年その他
トラックバック(0) |


クマモン
回転よりスライドの方が良いのかもです。
結構ブロック弾きますし、細かくするなら回転体が2段必要な感じです。
普通にブロック崩し網の上で前後にスライドさせる事を考えた方が上手く行くかもと思ってます。


Re: タイトルなし
ashtaka
クマモンさん、こんばんは。

いろいろと考えてみましたが、網を使うのには限界を感じています。
とにかく上から押さえなくてもいい方式を模索しています。

スライド方式は上から押さえる必要性と、構造の複雑さで私の中では早々に除外されました。
回転体が2段必要という点は、私も感じていますが、避けたいです。

もっといい方法が閃くといいですけどねぇ。




コメントを閉じる▲
恒例のかっつさんのプレ企画が始まりましたね。
プレ企画もサトさんのから参加し始めて、もう10年目。
早いもんです。

私から採れ過ぎたラインを、協賛しています。
能勢YG大型品種です。

ラインの詳細は、以下の通り。
AST18N-A1。
♂親84.5mm (エバクワ氏16NO-4、881、877、866同腹)
・・・♂85.1mm(エバクワ氏14NO-12、870同腹) x ♀51.5mm (エバクワ氏15NO-19)
♀親52mm (ashtaka 16-N13、kuwakobito氏 16-C里子)
・・・♂84.7mm(ワイドカウ氏 13YGA3、880同腹) x ♀55mm (kuwakobito氏 15B3)

神長S8プリカ入りです。
現在、食痕の見えるのが5頭いますが、プリカの場合、乾燥にやられることもありますので、3~5頭と言うことにして下さい。

20180525_プレ


ご希望の方はどうぞ。

【2018/05/26 13:29】 | 2018年その他
トラックバック(0) |