FC2ブログ
山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
Ashtakaプレス、次期ロットですが、遅くても、もう2ヶ月ほどで11月納品分の予約受付を終了します。
Type30Tはもう少し早く受付終了するかもしれません。
その次は来年3月納品予約となります。

今回のロットはType30Tの予約数が思いのほか多く、何かあったのかと不思議に感じています。
世間で究極の1台が認識されてきているのでしょうか。
確かにマシンの性能は丸ラック径で左右されますので、大きな丸ラックほど、無理がきくのですけどね。
ただ、Type30Tは大きくて重いですから、使いやすさで言えば、Type20Sの方が上ですわ。
片手でひょいっと運べて、ハンドルの回し量が最適なのが、Type20Sです。
私も1本目だけは、Type20Sを重宝しています。
Type20Sは本当に使いやすいマシンです。
ただ、2本目以降の大きなボトル詰めには、ワンプレスができるType30Tが便利です。
Type20Sでもコツコツと詰めれば、大きなボトルを詰められますので、Type30Tが必需なわけではありません。
ワンプレスをしたいかどうかの違いだけです。

11月納品分のオプションまでを含めた最終締め切りは7月ですが、あまり数が出るようだと、早々に本体の受付は終了します。
私の製作キャパが、あまりありませんので・・・。

7月になってから、キャンセルしてもいいですから、少しでも興味がある方がおられましたら、本体の予約だけでもしておいた方が安心だと思います。
よろしくお願いします。



【2021/05/15 23:29】 | 2021年プレスマシン
トラックバック(0) |
1本目のボトルの準備を開始しました。
1本目は緩詰めで一気詰めしますから、簡単なもんです。

20210325-1.jpg

20210325-2.jpg

1時間半ほどで終了です。

20210325-3.jpg

ペアリングは1か月ほど前から開始していて、まもなく全ライン終了です。
その後、産卵セットに移行します。

【2021/03/30 07:26】 | 2021年プレスマシン
トラックバック(0) |
千曲製のボトルの容量を実測してみました。
水を入れて重さを量れば、水の比重が1ですから、容量もわかります。
通称800と呼ばれているものは、ほぼ同容量でしたが、1400と呼ばれているボトルは1200ほどしかありません。

20210220_ボトル容量1


私が作った3令用穴あけ付きプレス部でどの程度容量が減るのかも見てみました。
5~7パーセント減程度ですから、それほど容量が減るわけではありません。

20210220_ボトル容量2

ただ、♂用のボトルはもう少し大きな方がいいような気がします。
来期、いろいろなボトルで試してみるつもりです。

【2021/03/17 11:32】 | 2021年プレスマシン
トラックバック(0) |
Tyep20Sの発送を開始しています。

20210218_Type20S-6.jpg

ブログやTwitterでも喜んでいただける声をお聞きします。
ありがたいですね。

【2021/02/18 18:42】 | 2021年プレスマシン
トラックバック(0) |
どんどんと組み上がっています。

20210210_Type20S-5.jpg

後は梱包して発送するだけです。
各自ご希望のオプションがバラバラですから、間違えないようにしないとね。
全額の送金が終了している順に、発送のご連絡差し上げます。
遅くても今月中には終われそうです。

【2021/02/15 11:25】 | 2021年プレスマシン
トラックバック(0) |