fc2ブログ
山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
2本目への交換がほぼ終了。

まずは、SRとYGのクロスから。
AT22SY-B1
親♂84.4mm(ju_tsu氏SR2014-15、882同腹)・・・♂90.0mmB(ju_tsu氏 SR1824) x ♀54.2mm(ju_tsu氏 SR1835、860同腹)
親♀55mm(AT20N-B1-24)・・・♂82.5mm (toplegend氏YG-1804-6、891,892同腹) x ♀51mm(AST18N-H1-3、toplegend氏870同腹)
35.4g
20220826_AT22S-B1-9-354.jpg


次は、SR血統。

AT22S-B3
親♂84.4mm(ju_tsu氏SR2014-15、882同腹)・・・♂90.0mmB(ju_tsu氏 SR1824) x ♀54.2mm(ju_tsu氏 SR1835、860同腹)
親♀53.7mm(ju_tsu氏SR2014-27、882同腹)・・・♂90.0mmB(ju_tsu氏 SR1824-8) x ♀54.2mm(ju_tsu氏 SR1835-12、860同腹)
33.4g
20220816_AT22S-B3-2-334.jpg
35.7g
20220826_AT22S-B3-28-357.jpg



AT22S-C2
親♂84.4mm(ju_tsu氏SR2001-25、885同腹)・・・♂89.6mm(ju_tsu氏 SR1812、896同腹) x ♀57.0mm(ju_tsu氏 SR1824、883同腹)
親♀56.5mm(nagi氏SR2001-15、893同腹)・・・♂84.2mm(ju_tsu氏 SR1707-18、872同腹) x ♀56.9mm(ju_tsu氏 SR1802-11、867同腹)
34g
20220830_AT22S-C2-6-340.jpg




久留米は1頭だけ。
AT22K-Q2
親♂85.7mm(AT20K-Q3-1、クマモン氏KM20-27里子)・・・♂87.8mm (クマモン氏 KM18-21-08) x ♀51.2mm(クマモン氏 KM19-1-07)
親♀55mm(AT20K-Q2-3、クマモン氏KM20-2里子)・・・♂87.8mm (クマモン氏 KM18-21-08) x ♀50.5mm(クマモン氏 KM19-3-11)
33.3g
20220914_AT22K-Q2-12-333.jpg



2本目への交換は単なるブログネタでしかありません。
火災の影響は、3本目に出るでしょう。
一時的な高温がどの程度のダメージとなって表れるのかな。
最低限のダメージで済むといいけど、こればかりは祈るしかありません。


【2022/11/29 17:15】 | 2022年ブリード
トラックバック(0) |
今期の成果の最後です。
能勢YGの最大個体はこちら。

AT21N-A2ライン。
♂親87mm (AST19N-B4-14)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀55.5mm (きくまる氏 17NO-12-20)
♀親55mm(AST19N-A3-12)・・♂84.5mm(toplegend氏 YG-17-26-04、891同腹) x ♀54mm (AST18N-C2-9、885同腹)

AT21N-A2-5-88.5mm。

20220730_AT21N-A2-5-885-1.jpg

20220730_AT21N-A2-5-885-2.jpg

20220730_AT21N-A2-5-885-3.jpg

20220730_AT21N-A2-5-885-4.jpg

20220730_AT21N-A2-5-885-5.jpg

すごく肌のキレイな個体です。
このサイズでこの肌の美しさは、余裕の現れか。
来期の種親で頑張ってもらいます。


【2022/08/25 23:11】 | 2022年ブリード
トラックバック(0) |

おめでとうございます。
クマモン
自己記録更新おめでとうございます。
今年はトラブルがありましたがこんな綺麗な個体が羽化してくれて良かったですね!
次は久留米でも大きいの出してください。


Re: おめでとうございます。
ashtaka
クマモンさん、こんにちは。

自己記録タイですね。
2年前に88.5mmを出しています。
ただ、その時の個体はシワが多く、余裕が無さそうな個体でした。
今回の個体は、キレイですから、少し期待できるかな。
久留米は昨年ようやく85mmの壁を越えた所ですから、なかなかね。
クマモンさんからの個体が化けてくれることを祈ってます。(笑)

コメントを閉じる▲
久留米は1頭のみ85mmUPしています。

AT21K-Q。
♂親81.2mm (MoperDorcs氏 18KR-A5-5、869同腹) ・・♂86mm(MoperDorcs氏15KR-B2-6) x ♀53mm (マツノ氏16-8、860同腹)
♀親55mm(AST19K-S-4)・・♂84mm(かっちゃん氏 KA17-9、880同腹) x ♀53mm (マツノ氏 17-46)

AT21K-Q-3-85.6mm
20220730_AT21K-Q-3-856-1.jpg

20220730_AT21K-Q-3-856-2.jpg

20220730_AT21K-Q-3-856-3.jpg

この個体のお陰で、来期のKLBで初の1部昇格となりそうです。
1部で戦えるほどのスキルはありませんが・・・。


【2022/08/17 11:40】 | 2022年ブリード
トラックバック(0) |
AT21N-C1ライン。
♂親84mm (AST19N-B3-1)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀50mm (AST18N-D1-2)
♀親54mm(AST19N-B3-17)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀50mm (AST18N-D1-2)
AT21N-C1-12-86.2mm。
20220730_AT21N-C1-12-862-1.jpg

20220730_AT21N-C1-12-862-3.jpg


AT21N-C3ライン。
♂親84mm (AST19N-B3-1)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀50mm (AST18N-D1-2)
♀親55mm(AST19N-A3-25)・・♂84.5mm(toplegend氏 YG-17-26-04、891同腹) x ♀54mm (AST18N-C2-9、885同腹)
AT21N-C3-2-86.7mm。
20220730_AT21N-C3-2-867-1.jpg

20220730_AT21N-C3-2-867-3.jpg

AT21N-C3-10-85.4mm
20220730_AT21N-C3-10-854-1.jpg

20220730_AT21N-C3-10-854-3.jpg


AT21N-C4ライン。
♂親84mm (AST19N-B3-1)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀50mm (AST18N-D1-2)
♀親56mm(AST19N-B4-13)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀55.5mm (きくまる氏 17NO-12-20)
AT21N-C4-9-86.0mm。
20220730_AT21N-C4-9-860-1.jpg

20220730_AT21N-C4-9-860-3.jpg


【2022/08/06 10:56】 | 2022年ブリード
トラックバック(0) |
ようやく、2021年の成果がまとまりました。
例年通り85mmUPのみ報告します。

AT21N-A2ライン。
♂親87mm (AST19N-B4-14)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀55.5mm (きくまる氏 17NO-12-20)
♀親55mm(AST19N-A3-12)・・♂84.5mm(toplegend氏 YG-17-26-04、891同腹) x ♀54mm (AST18N-C2-9、885同腹)

AT21N-A2-22-85.5mm。
20220730_AT21N-A2-22-855-1.jpg

20220730_AT21N-A2-22-855-3.jpg


AT21N-A4ライン。
♂親87mm (AST19N-B4-14)・・♂83.5mm(ju_tsu氏 2016-YG24、887、880、870同腹) x ♀55.5mm (きくまる氏 17NO-12-20)
♀親55mm(AT20N-B3-16)・・♂82.5mm(toplegend氏 YG-1804-6、891、892同腹) x ♀50mm (AST19N-A3-7)

AT21N-A4-17-85.4mm。
20220730_AT21N-A4-17-854B-1.jpg

20220730_AT21N-A4-17-854B-3.jpg

AT21N-A4-18-85.3mm。
20220730_AT21N-A4-18-853-1.jpg

20220730_AT21N-A4-18-853-3.jpg

AT21N-A4-19-86.4mm。
20220730_AT21N-A4-19-864-1.jpg

20220730_AT21N-A4-19-864-3.jpg


A4ラインのアベレージが一番いいです。
羽パカでも86mmUPが2頭出ています。
来期、このラインが主力となりそうです。


【2022/07/30 12:09】 | 2022年ブリード
トラックバック(0) |