山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
これが、Type30Tです。

20170304_30T.jpg

予想通りデカいです。
ゴムを敷いた姿をみるとよく分かるのではないでしょうか。
ゴム敷き範囲が200mm四方ですから、大きさも分かるでしょう。

20170304_30T2.jpg

これこそ究極のプレスマシンですね。
理論圧縮率25倍ですから、50kgレバーにかけて、1.2トン以上の圧縮力になります。
私の体重は60kgほどですが、全体重をレバーにかけても、びくともしません。
60kgだと1.5トンかかっているはずです。
頑丈そのものです。
重さが19kgもあるのが難点ですが、それゆえにこの頑丈さが成り立っているとも言えます。
何とか一人で持てるギリギリの重さかなと思っています。

持つことも考え、樹脂の取っ手も付けました。
持ちやすくしただけでも少しは違ってくるでしょう。

20170304_30T取手

能力的に、これを上回るには、もう油圧しかないでしょう。
ただ、そこまですると、もう一人ドコロか二人でも持てない重さになるでしょう。

私の中で、これ以上のマシンはもうあり得ませんね。
自己満足かもしれませんが、究極に辿り着いたかなと思っています。

春になったら、詰め作業もレポートしますね。

このType30T、1台だけですが、在庫があります。
ものすごく高価ですが、興味のある方はお問い合わせ下さい。
早い者勝ちです。(笑)



【2017/03/06 20:35】 | 2016年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
究極のプレスですね。固い詰めも簡単にできそうですね。

管理人のみ閲覧できます
-


こんにちは
たかとぱぱ
おお~!
ついに究極プレス機完成ですね。
ボトルが凄く小さく見えます。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

究極です。
もはや、これで極めました。(笑)
これより強く、これより軽く、できるもんなら、かかってこい。(爆)

Re: こんにちは
ashtaka
たかとぱぱさん、こんばんは。

ここまでのもの、必要な人はそうそういないでしょう。
使い勝手で言えば、Type20Sが一番です。

軽さ、使いやすさ、VS、堅さ、ワンプレス。

どちらを選ぶか、あなた次第です。(笑)

コメントを閉じる▲