山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
丸ラックを通します。

20150228_C2

先端にプレス部をつけます。

20150228_C3

その後、全体の調整をします。

この丸ラックがこのプレスマシンの心臓部です。
このサイズで許容荷重が決まります。

Type-3の丸ラック直径は、φ20。
φ20の丸ラックの許容荷重は、最適歯車を使用したとして、300kg程度です。
今回、使用した歯車での許容荷重は、230kgほどになります。

Type-SSSの丸ラック直径は、φ25。
φ25の丸ラックの許容荷重は、最適歯車を使用したとして、500kg程度です。
今回、使用した歯車での許容荷重は、450kgほどになります。

これには安全率が含まれていますので、この2倍の力で押してもただちに壊れるものではありません。
ただ、設計上、歯車の持っている許容荷重を超えた荷重で使用してもいいとは、言えません。
壊れたら直しますから、Type-3は500kg、Type-SSSは1000kgまで大丈夫ですと言うのは簡単ですが、無責任でしょう。


最後にレバーを付ければ完成です。
レバーは付けたままで発送すると、かさばりますから、付けずに同梱します。
おのおのがたで、組み立てをお願いします。


【2015/03/04 23:59】 | 2015年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんにちは
toplegend44
完成ですね!
本当に頑丈そうですね!
しっかりプレス出来そうです。

Re: こんにちは
ashtaka
toplegend44さん、こんばんは。

いよいよ完成です。
普通にプレスするだけなら、十分すぎるパワーはあります。

もう改善するネタがなくなってきたなぁ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
完成ですね!
本当に頑丈そうですね!
しっかりプレス出来そうです。
2015/03/05(Thu) 16:15 | URL  | toplegend44 #-[ 編集]
Re: こんにちは
toplegend44さん、こんばんは。

いよいよ完成です。
普通にプレスするだけなら、十分すぎるパワーはあります。

もう改善するネタがなくなってきたなぁ。
2015/03/05(Thu) 21:57 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック