山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
昨日の続きです。

どの程度の時間で詰められるか、タイムトライアルをしました。

800cc空ボトルを16本並べて置きます。

20150411_12.jpg

菌糸ブロックは4個用意します。

20150411_11.jpg

ここから、時間測定スタートです。

菌糸を4ブロック、まとめて崩します。
混ぜ合わせて、まずは、6分。

20150411_13.jpg

ここからは時間との勝負ですから、写真を撮ってません。

ガイドパイプだけを秤に乗せ、ゼロリセット。

菌糸を560g投入。
プレス。

これを、16回、ひたすら繰り返します。
余った分で1本追加して、計17本出来ました。
(最後の1本は520gでした。)


かかった時間は・・・・。

ブロック崩しも入れて、約35分・・・。
4ブロックで、800ccボトルが17本。
確かに、早いわ。
使い慣れると、もう少し早くできそうです。
ブロック崩しで気が滅入る感じですね。

ハンドリングは悪いけど、適度な広さの作業場がある方なら、効率UP間違いなしでしょう。
ただ、力加減が難しい。
ちょっと、力を入れると、500kgどころか、1トンでもかかってしまいます。
歯車が壊れそうで、怖いです。

次期マシンはストロークを下げて、2~3プレスを目標にしようかしら。
その方が軽く小さくなりますから、ハンドリングもいいでしょう。
ボトルの詰めムラも少なくなるから、よりいいと思いますしね。
圧縮率は低くなりますので、押さえる力は必要になりますが、かけられる最大荷重はType-SSSと同じにします。
それだけ、無理した力にも耐えられる余裕のあるマシンってことです。

ただ、何が何でも究極をと、お望みの方もおられますから、この線引きがどこまで賛同を得られるかは未知数ですね。
使い勝手がType-3と変わらないと、いくら2倍の力まで耐えられますと言っても、説得力ないかもね。




FC2blog テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

【2015/04/19 22:07】 | 2015年プレスマシン
トラックバック(0) |

すばらしい
ゲバゲバ90
プレスも進歩していますね。
菌糸詰めの作業が楽になることは嬉しいです。


Re: すばらしい
ashtaka
ゲバゲバ90さん、こんばんは。

私自身、同じものを作り続けると、飽きてしまいますので、毎回、何らかの改良点を模索しています。
欲が大きくなると、価格も高くなるのが、難点ですが・・・。
今後もいろんなことにチャレンジしたいものです。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
すばらしい
プレスも進歩していますね。
菌糸詰めの作業が楽になることは嬉しいです。
2015/04/20(Mon) 08:48 | URL  | ゲバゲバ90 #-[ 編集]
Re: すばらしい
ゲバゲバ90さん、こんばんは。

私自身、同じものを作り続けると、飽きてしまいますので、毎回、何らかの改良点を模索しています。
欲が大きくなると、価格も高くなるのが、難点ですが・・・。
今後もいろんなことにチャレンジしたいものです。

2015/04/23(Thu) 19:37 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック