山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
意外とコメは少なかったですね
完全に自己満足だけの世界のようです。(汗)

結果です。
左から、ワンプレス600g、700g、2プレス700g、750g、800gです。
(フタなしボトル重量込みです。)

詰めた直後
20150425_詰めた直後

1日後
20150426_1日後

2日後
20150427_2日後

3日後
20150428_3日後

4日後
20150429_4日後

5日後
20150430_5日後

6日後
20150501_6日後

7日後
20150502_7日後

9日後
20150504_9日後

11日後
20150506_11日後

13日後
20150508_13日後


800gは、アウトですね。
2週間経っても、底の方が回っていません。
750gも厳しいか。
側面は5日程で回りましたが、底面は1週間以上かかりました。
700gで何とか。
ワンプレスと2プレスで、底の方の回り具合にここまで差が出るとは思ってませんでした。
2プレスは、回り具合が2段になっていて、詰め加減の違いがよく分かります。

600gは問題なし。
600gって、超ゆる詰めだったんだけどな。
微粒子だと、相当のゆる詰めしか、成り立たないのかもしれません。
今回の菌床が古いせいかもしれません。
ただ、ここまではっきりと、結果に違いが出ると面白いですわ。

あくまでも古い微粒子の菌床での実験ですから、他の銘柄でどうなるかは分かりません。
前回やった恵栽園の粗めノーマルのハーフだと600gは相当に力を入れないと詰めることができませんでしたしね。
今回の800g並の力が必要でした。
それでも2日でキレイに菌は回りましたよ。


【2015/05/09 06:59】 | 2015年プレスマシン
トラックバック(0) |

Σ(゜Д゜)
うなぎ
マジでっか!?
これは考えないとあきませんなぁ(笑)
って言うても800gは家のでは詰めれません(笑)
空気穴って大事なんだ(笑)


タイプ3予約者
自分で詰める者にとって
(特にこれから自分で詰め詰めする予定の者には)
非常に参考となる話でした。

ここまで顕著な違いが出ると面白いですね。

こんばんは^ ^
mustar
詰める重さ以上に2プレス時の2段の層が気になりました。
通常の詰め加減より硬詰めの方が層になりやすそうですね。
それがどう影響するのかはわかりませんが(^^;;

こんばんは
大鍬悶左衛門
700の1プレスと2プレスの違いが面白いですね!800がここまで回らないとも思いませんでした。やっぱり換気スペースは大事なんですね。

おはようございます
gifunotaka
検証ご苦労様です。

微粒子の場合、800の超固詰めだと酸素が行き渡り難いのですね
程よい加減で詰めて行ったほうが良さそうです。
参考になりました。


Re: Σ(゜Д゜)
ashtaka
うなぎさん、こんばんは。

800gは、普通の菌糸では、ありえませんよ。
ほぼ、水と同等の比重ですからね。
ボトル底が膨らむほど堅いのですから、空気穴も開けられるか疑問です。

Re: タイトルなし
ashtaka
予約者さん、こんばんは。

この結果は、Type-SSSで詰めた場合ですから、Type-3では、ここまで詰められません。
700gくらいなら行けると思いますけどね。

今後ともよろしくお願いします。

Re: こんばんは^ ^
ashtaka
mustarさん、こんばんは。

今までも2層っぽくなったこともありましたが、気にせずに使ってました。
今回の実験で、まだ、回りきっていないのだと実感できましたね。
どこまで回れば使えるのかは、よくわかりませんけどね。


Re: こんばんは
ashtaka
悶左衛門さん、こんばんは。

800gなんて、絶対にあり得ない詰め堅さですから、気にしなくていいですよ。
1プレスと2プレスの違いは、はっきりと分かって、いい実験でしたわ。



Re: おはようございます
ashtaka
gifunotakaさん、こんばんは。

Type-SSSを使って、微粒子を詰めないと800gは、絶対に無理です。
かなり無理して詰めましたから、ボトル底が変形していました。
Type-3では、あり得ない領域ですから、心配無用です。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Σ(゜Д゜)
マジでっか!?
これは考えないとあきませんなぁ(笑)
って言うても800gは家のでは詰めれません(笑)
空気穴って大事なんだ(笑)
2015/05/09(Sat) 08:36 | URL  | うなぎ #JalddpaA[ 編集]
自分で詰める者にとって
(特にこれから自分で詰め詰めする予定の者には)
非常に参考となる話でした。

ここまで顕著な違いが出ると面白いですね。
2015/05/09(Sat) 15:10 | URL  | タイプ3予約者 #-[ 編集]
こんばんは^ ^
詰める重さ以上に2プレス時の2段の層が気になりました。
通常の詰め加減より硬詰めの方が層になりやすそうですね。
それがどう影響するのかはわかりませんが(^^;;
2015/05/09(Sat) 20:34 | URL  | mustar #-[ 編集]
こんばんは
700の1プレスと2プレスの違いが面白いですね!800がここまで回らないとも思いませんでした。やっぱり換気スペースは大事なんですね。
2015/05/09(Sat) 21:49 | URL  | 大鍬悶左衛門 #-[ 編集]
おはようございます
検証ご苦労様です。

微粒子の場合、800の超固詰めだと酸素が行き渡り難いのですね
程よい加減で詰めて行ったほうが良さそうです。
参考になりました。
2015/05/10(Sun) 07:15 | URL  | gifunotaka #-[ 編集]
Re: Σ(゜Д゜)
うなぎさん、こんばんは。

800gは、普通の菌糸では、ありえませんよ。
ほぼ、水と同等の比重ですからね。
ボトル底が膨らむほど堅いのですから、空気穴も開けられるか疑問です。
2015/05/10(Sun) 21:51 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
Re: タイトルなし
予約者さん、こんばんは。

この結果は、Type-SSSで詰めた場合ですから、Type-3では、ここまで詰められません。
700gくらいなら行けると思いますけどね。

今後ともよろしくお願いします。
2015/05/10(Sun) 21:53 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
Re: こんばんは^ ^
mustarさん、こんばんは。

今までも2層っぽくなったこともありましたが、気にせずに使ってました。
今回の実験で、まだ、回りきっていないのだと実感できましたね。
どこまで回れば使えるのかは、よくわかりませんけどね。
2015/05/10(Sun) 21:55 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
Re: こんばんは
悶左衛門さん、こんばんは。

800gなんて、絶対にあり得ない詰め堅さですから、気にしなくていいですよ。
1プレスと2プレスの違いは、はっきりと分かって、いい実験でしたわ。

2015/05/10(Sun) 21:57 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
Re: おはようございます
gifunotakaさん、こんばんは。

Type-SSSを使って、微粒子を詰めないと800gは、絶対に無理です。
かなり無理して詰めましたから、ボトル底が変形していました。
Type-3では、あり得ない領域ですから、心配無用です。
2015/05/10(Sun) 22:00 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック