山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
ようやく、私のメイン銘柄である神長さんS3の詰めテストができました。
ざっくりと言うと、恵栽園の粗めノーマルのハーフと、似たような傾向です。
Type-SSSで、800ccボトル込み520~530gで、詰めることができました。

久しぶりにType-2を引っ張り出しました。
しばらく、Type-SSSで作業していたせいか、Type-2が小さくて、最初は使い辛く感じました。
体勢が少し窮屈になった感じです。
やはり、慣れと言う要素は大きいですね。

こちらでも、2プレスで、同じような重さで詰められます。
使ったパーツは以下のオプションパーツ2個。
φ76ガイドパイプと、φ76プレス部。

20150516_Ty2-1.jpg

Type-SSS用より、ガイドパイプの背が低いですから、ワンプレスでは詰められません。

20150516_Ty2-2.jpg

20150516_Ty2-3.jpg


さらにType-2、2プレスでのタイムトライアルもやってみました。
結果として、4ブロックで30分も、かかりませんね。
Type-SSSと、あまり変わった気がしません。

800ccなら、Type-2や3でも省プレスが可能だと分かりました。
Type-SSSは、1400cc専用の省プレスマシンと思っていいでしょう。
2本目交換時に1400cc量産時に、どのくらい早く詰められるか、楽しみです。


【2015/05/23 17:57】 | 2015年プレスマシン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック