山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
先日、記事にもした前後にスタンドを配置した門型、丸ラック径30mmのAshtakaプレスですが、やはり、手前にスタンドがあると言うのが邪魔になるのではと思うようになりました。
いろいろとクワ友さんにも聞いてみたけど、皆さん同じように感じているようです。
で、クマモンさんのように、左右にスタンドを配置した門型タイプを、改めて書いてみました。
クマモンさんにもご意見をお聞きして、一部反映もしてあります。

20161115_PR-30T横

Ashtakaプレス、Type30T (丸ラック30mm、ツインスタンド)

丸ラック径、30mm。
圧縮率、25倍。
最大圧縮荷重、1ton以上。
製品重量、20kg弱。


全てにおいて、究極のプレスマシンと言っていいでしょう。
同じ丸ラックを使ったクマモンさんの門型マシンをも上回るハイスペックマシンです。
三階松さんのストロングタイプは、Type-3寄りですから、半分以下の強度しかありません。

圧縮率が25倍と言うことは、50kgをかければ1250kgの圧力になると言うことです。
それでも壊れない構造にしてあります。
もっとも、それだけの力で詰め続けるのは、かなりしんどいですけどね。
体育会系の方しか無理でしょう。
まあ、力をかけなければ、寿命は延びますから、一生もののマシンになるかもしれません。
現実的な所、20kgをかけて、500kgの圧力で詰めるのがいい所でしょう。
それだけ余裕があるマシンと言うことです。

価格は、未定です。(汗)
間違いなく、Type-3の2倍以上にはなりますね。
10万もは行かないと思いますけどね。

来年早々に、試作をするつもりです。
価格は時価として受付していますが、それでも希望者がわずかながらいますから、3~4台は作ることができそうです。
一緒に作って欲しい方がいましたら、ご連絡下さい。
少しでも数があった方が安くできますからね。
今回限りの製作になるかもしれません。

予約受付は、12月中旬までとします。

Type-SSS同様、試作だけで、本作はしないマシンになるかもしれません。
Type-SSSは、すごくいいマシンなんだけど、不思議と予約が集まらないです。
たまに引き合いは来ますが、私が次はいつ作れるか分からないと言うと、予約までは行けません。
私は今、全てのボトルを、Type-SSSで詰めています。
そのくらい便利です。
やはり価格の壁が高そうですね。
今回も同じ予感・・・。

同じもの作り続けると飽きがきますから、時々、新たなる挑戦をしたいです。
Ashtakaプレスの上位機種は究極の文字を与えたいですから、今回のType-30Tを作れば、Type-SSSは廃版とするかもしれません。
あまりバリエーションがあっても人が集まらなければ、作れませんからね。


【2016/11/17 22:21】 | 2016年プレスマシン
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


こんばんは
さかな
凄いプレスマシンができそうですね。
改良を重ねてどんどんと使いやすくなっていくんだと思います。

おはようございます
貴吉おやじ
益々使いやすさが増すんではないでしょうか。
細かな設計、職人魂ですね。素晴らしいです。(^-^)



こんにちは
たかとぱぱ
どんなボトルでも楽々ワンプレスできるスーパーマシンになりそうですね。
製作レポート楽しみにしてます。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

このプレスマシンは、使いやすさより、パワーを優先したマシンです。
究極のパワーが欲しいと言う方限定のマシンです。
慣れれば、詰め速さは抜群ですけどね。

使いやすさなら、Type-3が一番です。

Re: おはようございます
ashtaka
貴吉おやじさん、こんばんは。

職人のこだわりは満載です。

ただ、使いやすさから考えると重すぎます。
持ち運びを考えると、10kgまでですね。
Type-3が一番使いやすいと思いますよ。

Re: こんにちは
ashtaka
たかとぱぱさん、こんばんは。

おそらく使い勝手は、Type-SSSと似たようなものでしょう。
Type-SSSでも十分な詰め堅さはありましたからね。
ただ、より長寿命になったかなとは思っています。

ここまでの強度が必要なのかってのはありますけどね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/11/18(Fri) 00:44 |   |  #[ 編集]
こんばんは
凄いプレスマシンができそうですね。
改良を重ねてどんどんと使いやすくなっていくんだと思います。
2016/11/19(Sat) 22:16 | URL  | さかな #-[ 編集]
おはようございます
益々使いやすさが増すんではないでしょうか。
細かな設計、職人魂ですね。素晴らしいです。(^-^)

2016/11/22(Tue) 08:58 | URL  | 貴吉おやじ #aIcUnOeo[ 編集]
こんにちは
どんなボトルでも楽々ワンプレスできるスーパーマシンになりそうですね。
製作レポート楽しみにしてます。
2016/11/23(Wed) 14:11 | URL  | たかとぱぱ #sdzdIyxE[ 編集]
Re: こんばんは
さかなさん、こんばんは。

このプレスマシンは、使いやすさより、パワーを優先したマシンです。
究極のパワーが欲しいと言う方限定のマシンです。
慣れれば、詰め速さは抜群ですけどね。

使いやすさなら、Type-3が一番です。
2016/11/24(Thu) 21:24 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
Re: おはようございます
貴吉おやじさん、こんばんは。

職人のこだわりは満載です。

ただ、使いやすさから考えると重すぎます。
持ち運びを考えると、10kgまでですね。
Type-3が一番使いやすいと思いますよ。
2016/11/24(Thu) 21:28 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
Re: こんにちは
たかとぱぱさん、こんばんは。

おそらく使い勝手は、Type-SSSと似たようなものでしょう。
Type-SSSでも十分な詰め堅さはありましたからね。
ただ、より長寿命になったかなとは思っています。

ここまでの強度が必要なのかってのはありますけどね。
2016/11/24(Thu) 21:31 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック