山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
Type20Sは、三階松さんのストロングタイプより、圧縮率は低いですが、構造上は強くなっています。
重さも10kg以下で、ハンドリングもいいです。

そんな20Sで少しだけ、圧縮率を上げるオプションを追加します。
今までは、約12倍でしたが、15倍まで上がります。
三階松さんのストロングタイプは19倍と聞いていますから、そこまではありません。
ただ、圧縮率が上がるほど、力を入れてしまいますので、歯車や丸ラックの寿命が下がります。
φ20の丸ラックは、何をしてもφ20の強度しかありません。
その点は自己責任ってことで、お願いします。
それが心配であれば、上位機種をお勧めします。

今回のオプションは、単純にレバーの長さを変えて、丸グリップの径を上げただけです。
左が標準のType20S、右が圧縮率15倍タイプ。

20171008_Type20S-15-1.jpg

かなりの価格差になりますから、そこまでの価値はないかもしれません。


【2018/01/19 08:20】 | 2018年プレスマシン
トラックバック(0) |


ぼーず
まだType20sを使用した事はありませんが、グリップ径のアップでおそらく掌の痛みも和らぎますね!
今使ってるのはタオル巻いてても痛いので、魅力的だと思います♪
3月が待ち遠しいです(^ν^)

Re: タイトルなし
ashtaka
ぼーずさん、こんばんは。

現在使われているものが、どんなものかわかりませんが・・・。
標準品とは、そんなに変わらないと思いますけどねぇ。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
まだType20sを使用した事はありませんが、グリップ径のアップでおそらく掌の痛みも和らぎますね!
今使ってるのはタオル巻いてても痛いので、魅力的だと思います♪
3月が待ち遠しいです(^ν^)
2018/01/19(Fri) 13:29 | URL  | ぼーず #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ぼーずさん、こんばんは。

現在使われているものが、どんなものかわかりませんが・・・。
標準品とは、そんなに変わらないと思いますけどねぇ。
2018/01/20(Sat) 17:05 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック