FC2ブログ
山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
前回の投稿で設計図だけではブロック崩し機のイメージが湧き辛いかと思い、私なりの第一歩を書いてみます。

ブロック崩しの機械化を考えているのはずいぶんと昔からです。
手作業モノでは、エキスパンドメタルの網を使いスライドさせるのが一般的です。
ただその方式で機械化すると、上から押さえつける力が必要になる。
その力を安定させるいい方法が見つからないため、具体化まで行けません。
網だと掃除が大変だと言う点も気になりました。

次に考えたのは水平回転型。
キャベツスライサーの流用も考えましたが、おそらく粒子が微粒子になってしまいます。
カッターがすぐに切れなくなるだろうとも想定できます。
ガーデンシュレッターのようなものを考えました。
これも押える力が必要なため、却下。
水平回転型は回転が速すぎると、熱で菌糸がやられる危険が大きい点もあります。
そのさじ加減が難しいだろうと。
菌が弱るのは目に見えませんので、どこまでなら大丈夫か測ることができません。

一度はここで挫折しました。

で、こんなマシンを見て、この方式なら面白いのではと、閃きました。
アイスクラッシャーです。

20180601_アイスクラッシャ_1

このままでは、スキマが大きすぎて使い物になりません。

20180601_アイスクラッシャ_2

購入後、改造しようかと思いましたが、作りを見ると、どこも圧入で組み立ててあり、分解することもできません。

続く

FC2blog テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

【2018/06/23 19:08】 | 2018年その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック