FC2ブログ
山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
大ボトルに対応した穴あけロッドを試作してみました。
基本的にType30T用と思っています。
1400ccと2300cc(DOS3つ穴)のボトル用なら、無理すればType20Sでも行けるかもしれません。
(まだ試していませんが・・・)
2300cc(DOS4つ穴)や3250cc(DOS3つ穴)ボトル用だと、ストロークが必要なため、Type30Tしか使えません。

20200330_1.jpg

1400ccと2300cc(DOS3つ穴)のボトル用のものです。
押さえ板は、とりあえずの仮のものです。
余っている合板から削って自作しました。
実際に販売となれば、SUSで作る予定です。

穴あけプレス部を使って詰めたボトルにセット。

20200330_2.jpg

ギュートと押し込む。
押す力は、さほど必要ありません。

20200330_3.jpg

問題は抜く時です。
簡単に抜けません。
ボトルを回しながら、少しずつ抜くしかありません。
結構な力も必要です。
細いタイプの穴あけロッドで作ったプッシャのようなものを作るべきでしょうね。
でも、キレイな穴が空きますよ。

20200330_4.jpg

試作一発目と思えば、上手く行ったかな。


【2020/04/06 08:20】 | 2020年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
いい物出来ましたね!
抜く時もすんなりと行けばいいかも知れない
ですね!?

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。
どの程度の角度がいいのか、試案のしどころです。
すんなりとまでは難しいと思いますが、もう少し力を入れずに抜けるようにしたいものです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
いい物出来ましたね!
抜く時もすんなりと行けばいいかも知れない
ですね!?
2020/04/12(Sun) 19:45 | URL  | さかな #-[ 編集]
Re: こんばんは
さかなさん、こんばんは。
どの程度の角度がいいのか、試案のしどころです。
すんなりとまでは難しいと思いますが、もう少し力を入れずに抜けるようにしたいものです。
2020/04/14(Tue) 21:41 | URL  | ashtaka #hr9mqn9g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック