FC2ブログ
山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
Type20Sの部品が全て揃いました。

20190923_部品

この写真を撮った後、このまま組み立てたら、集めたつもりの部品が全部揃ってなかった。(汗)
写真に写っていない部品が3種8個ありますが、わかる人いますか。
必死で探しても、わかる可能性がある部品は1個だけだろうから、探さなくてもいいです。(笑)
まぁ、全ての部品を集めて写真を撮りなおすのは面倒だから、このままでいいか。(汗)

少しずつですが、組み立てを開始しています。
数がありますから、一気にはできません。
ブリード作業もありますしね。

次に面倒なのは、梱包です。
梱包材を準備するだけでも大変です。
後は、私が頑張る以外、仕方ないことですが・・・。(汗)

でも、Type20Sは、思ったより早く発送を開始できそうです。
ご注文された皆様、もう少しだけお待ちください。

Type20Sは3台、Type30Tは1台、今回製作分に余剰品があります。
興味がある方は、お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。


【2019/09/23 23:36】 | 2019年プレスマシン
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
ようやく部品が揃ってきました。

20190919.jpg


一部、届いていない部品もありますが、できる所から組み立てを開始します。

Type20S、Type30T共、11月引き渡し分に余剰品があります。
興味がある方は、お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。

なんとかモチベーションを上げたいですが、最近のマンネリ化はどうしようもないですね。。
だんだんと、製作自体が面倒になってきています。
どうやってモチベーションを維持するか。
もっとも、止めるタイミングも難しいなと思うこの頃です。
どうせなら、仕事になるほど、売り上げが上がるといいのだけどね。

まあ、趣味でやっているからこそ、頻繁に改良もできます。
少しずつですが進化は止まりません。
使いやすさを極めたType20Sと、究極の強さを持つType30T。
この2種類を今後も改良し続けたいと思っています。

最近、組立開始時に少し余剰品が出ますから、クワ人口が減ったのかな。
それでも、Type-1から始めて、既に7年半。
いろいろなタイプを合わせて、累計250台以上。
個人製作とは思えない実績となっています。
背中を押してくれる皆さんのお陰ですが、我ながら、よく作ったなと。
ありがたいことですわ。

【2019/09/20 07:11】 | 2019年プレスマシン
トラックバック(0) |
旅行後のボトル詰めも終え(疲れた)、2本目への交換を開始しました。
9月中旬辺りから、次期Ashtakaプレスの組立てが始まりますから、少しでも進めていかないとね。

全体の5分の2を交換した所での中間報告です。
例年のごとく、33gUPのみ、記事にしていこうと思っていますが、今の所、まだ2頭のみ。(汗)
途中経過は気休めにしか過ぎないけど、ちょっと・・・ですね。


AST19N-B1・・・S8カンタケ
♂親83.5mm (ju_tsu氏2016-YG24、887、880、870同腹)・・♂85.5mm(GMT氏G141Y、872同腹) x ♀52.3mm (ju_tsu氏15M2、850同腹)
♀親52mm(AST17N-F1-2)・・♂86.4mm(kuwakobito氏14D) x ♀52.5mm (龍氏15YG17)

34.6g
20190822_19N-B1-1-346.jpg





AST19N-J(toplegend氏1923里子)・・・LEVIN-GSP
♂親87mm(ワイドカウ氏 17YGA1145)・・・♂88mm(ワイドカウ氏 15YGA1007) x ♀54.2mm(ワイドカウ氏 15YE1913、900同腹)
♀親55mm(yuipapa氏 1703-23、882同腹)・・・♂88.1mm(yuipapa氏 1506-1) x ♀54mm(masared氏 1504、870同腹)

34g
20190831_19N-J-2-340.jpg




交換した♂の30gUPの割合は、3分の1って所。
可もなく不可もなくと言った感じですわ。
ただ、♀と思われる20gUPが5頭もいて、その内3頭が以下のラインから出ています。

AST19N-B3
♂親83.5mm (ju_tsu氏2016-YG24、887、880、870同腹)・・♂85.5mm(GMT氏G141Y、872同腹) x ♀52.3mm (ju_tsu氏15M2、850同腹)
♀親50mm(AST18N-D1-2)・・♂83.5mm(とも氏15-845550(885同腹)) x ♀55mm (ashtaka 16-N9B-5)

同腹♂は30g前後に集まっています。
2本目で延びてくれるといいですけどねぇ。


【2019/09/01 23:36】 | 2019年ブリード
トラックバック(0) |

おはようございます
さかな
2本目でもっと太ってもらいたいです。
期待のようには行かないですよね。

Re: おはようございます
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

1本目の体重は、単なるイベントです。
一喜一憂しても意味ありません。
2本目でどこまで伸びてくれるか・・・。
毎年、裏切られますが・・・。

コメントを閉じる▲
いよいよ、2本目の菌糸詰めを開始しました。
一気に20ブロックです。

20190807_菌糸詰め-1

今年初めてType30Tを使い、2時間半程度。

20190807_菌糸詰め-2

ブロックの被膜取りが一番面倒でしたわ。
皮膜だけでこんなに取れました。

20190807_菌糸詰め-3


昨年1本目にType30Tで堅詰めし過ぎて、大失敗した反省から、今年の1本目はType20Sを使用。
Type20Sは、8kgと軽くて使いやすい、いいマシンです。
ただ、1400cc詰めを一気にやろうとすると、どうしても無理をさせることになります。
φ20の丸ラックで一気詰めは、歯の機械的強度を超えての使用になります。
こればかりは歯の規格で決まっていますから避ける手段がありません。
よほど無茶をしなければ、数年はまず問題ないとは思いますので、大丈夫と安心させても間違っているとは言えません。
ただ、歯の強度の計算方法も知っているが故、積極的にはお勧めはできませんわ。

2本目以降で、ようやくType30Tの出番です。
重くて大きくて使いにくいですが、1400cc詰めには大きな効果があります。
それでも2本目はあまり堅詰めをしたくなかったため、やんわりと詰めました。
特に800ccはね。

そのType30Tの今年11月納品分の注文は8月15日で受付終了します。
引き続き来年3月納品分の予約を受け付けます。

Type20Sは製作分にまだ余裕がありますから、引き続き今年11月納品分の注文を受け付けしています。

よろしくお願いします。


【2019/08/10 23:17】 | 2019年プレスマシン
トラックバック(0) |

おはようございます
さかな
皮膜取るのは大変ですよね。
一瞬で簡単に取る事が出来れば時間短縮も出来そうですが。

Re: おはようございます
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

一気に取ろうとすると、相当余分に削り取る必要が出ます。
どうしても少しでも使える所を残したいと思うと、時間がかかるのは仕方ないですわ。
皮膜がほとんど出なくて、それでも強い菌があるといいですけどねぇ。

コメントを閉じる▲
8月に入ったら、11月納品分のAshtakaプレスの製作を開始します。
ご予約いただいた方には、最終確認のメールを差し上げました。
メールを確認後、返信ください。

Type20Sは、多少、余分に作りますから、製作予定数までは注文可能です。
ただ、オプション品は人気のあるプレス部を少量ししか余分に発注しませんので、ご希望通りとならないかもしれません。
ご希望通りのオプション品が欲しい場合は、製作開始前にオプション品も含めた予約をされるといいでしょう。

Type30Tは、注文数限りの製作となります。
細々とですが、Type30Tのご要望が続くのに驚いています。
もっとも、自分でもType30Tは欠かせないマシンになっていますけどね。
大きくて重くて、特注生産の超高価なマシンですが、置き場所があり、お金に余裕がある方なら、必須のマシンでしょう。
どうしてもφ20の丸ラックでは、使える力に限度がありますからね。
しかしながら、Type20Sは軽くて使いやすいですから、1本目だけはType20Sを重宝してます。
Type20Sは、1400ccの一気詰めには向いていませんが、小さなプレス部で何度かに分けて詰めれば、1400ccでも問題なく詰められます。

Type25Sは、バリエーションから外しました。
このまま廃版になるでしょう。
どうしても中途半端なマシンでしたから、希望者が現れないのも無理ないかと。
どうしても欲しいと言う方が、たくさん集まれば、復活しなくもないですけどね。

Type20Sは、毎回、たくさんの希望者が現れて、なかなか製作を終わらせることができそうもありません。(汗)
作り始めの頃は、いつまで続けることができるものかと、毎回、予約者数とにらめっこでしたが、最近、安定して予約者が現れてくれています。
製作自体は、もう飽き飽きしてますけどね。(汗)
Type-1の製作からもう7年半。
希望者がいる限り、作り続けたいとは思っていますが、どうなんでしょう。


ちなみに、私がプレスマシンを製作している間なら、クワ飼育をやめたとか、必要なくなった際、Type-2以降であれば、ジャンク品でも定価の1割以上で、引き取り致します。
壊れたマシンをお持ちでしたら、一度お問い合わせください。
使える状態であれば、オークションに出された方が、高値が付くかもしれません。
まあ、製作者から見て、歯が摩耗した中古品を買うのは、相当安価じゃない限り、あまりお勧めできませんが・・・。


【2019/07/28 23:12】 | 2019年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
大鍬悶左衛門
丁度ashtakaプレス記事、かぶっちゃいました💦
30T、活躍しております!ありがとうございました。
そろそろ私も虫も活躍できればなおいいのですが。

Re: こんばんは
ashtaka
悶左衛門さん、こんばんは。

悶左衛門さんとのやり取りがあったからこそ、そろそろ製作状況を告知せねばと。
しかし、すごく養生されていますねぇ。
感心です。
今後ともよろしくお願いします。


TYPE20Sの値段
荒砂秀和
質問よろしくお願いします。

アシタカプレスTYPE20Sの
値段を教えて下さい。
よろしくお願いします。


ashtaka
荒砂様、こんばんは。

メール差し上げました。
よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


プレス機の価格
向井道夫
プレス機を買いたいと思っています。
価格を教えてください。
BDディスクはとても良かったです。
菌糸の劣化が少なく綺麗でしたよ。



長井
30Tのお値段を教えて頂けますか?
宜しくお願い致します。

コメントを閉じる▲