山梨から始め、現在は久留米、能勢のオオクワを中心にブリードしています。
2本目への交換開始しました。
まずは、お試し産卵分の能勢YGと、KLB用久留米。
交換する前から、嫌な予感はしていました。
もう4ヶ月も放置してあるのに、食痕の出ていないボトルが多いんですわ。
2ヶ月を過ぎた頃は、今期は温度を低めでやっているから成長が遅いんだろうと・・・・。
3ヶ月を過ぎた頃、ちょっと食が細くないかい・・・。
で、4ヶ月まで待って、これはやばいかも・・・。

で、交換です。
能勢YGは、2ライン。
1ラインは、8頭中、4頭★。
もう1ラインは、7頭全頭生存してました。
血統によって強い弱いがあるようです。

ショックだったのは、KLB用久留米。
全部で14頭やっていましたが、何と生存していたのはわずか4頭。
しかも3頭が♀。残った1頭は♂と思われますが成長不良の11g。
このただ1頭の♂、2本目で盛り返してくれる可能性はほとんどゼロでしょう。
私にとってKLB終わったなと。(泣)
戦うことさえできす、残念です。
主催者のチョネさん、応援していただいたwaizuさん、私信でもお伝えしましたが、申し訳ありませんでした。


いつやるか考えていますが、次の交換は3ヶ月ちょい経過しているこのボトル。
全て能勢YGです。

20170909_ボトル

食痕の出ているボトルを上に、出てないボトルを下に。
下のボトルのキレイなこと。
全然、劣化もしていません。
食痕の出てないボトルの方が2倍ほどあります。
3ヶ月以上経って食痕無は絶望です。

ここまでが特に酷いですわ。
この後のボトルは、食痕の出がいいです。

ここまで初令で落ちるのは15年やってきて初めての経験です。
なぜこうなったのか。

おそらくですが・・・・

主因はType30Tでしょう。
完成した嬉しさもあって、初詰めを調子に乗って堅く詰めすぎたのだと思っています。
菌はしっかりと回りましたので、問題ないと思っていましたが、ボトル中央で酸欠状態になったのでしょう。
20~30mm程度潜った所で死亡している幼虫が多かったです。
ショックでしたが、いい勉強になりました。
1本目の堅詰めは今後控えることにします。
Type30Tを使うと簡単に堅く詰めれますから、今後1本目はType-3(現Type20S)で詰めようかな。

生存していた個体も報告できるような体重は出ていません。
まだ、これからですけどね。


【2017/09/12 21:15】 | 2017年その他
トラックバック(0) |

おはようございます
貴吉おやじ(たかきち)
残念な結果ですね。(涙)
心中お察し申し上げます。
本当に難しいですね。

私も昨年までは調子に乗って580~600位詰めてたんですが
ニョロが全く大きくなれず大失敗をしました。
今期は83mmはコンスタントに出せるように勉強していきたいと思います。

こんにちは
たかとぱぱ
残念ですね。
詰め加減が大事ってことでしょうか。
大きく育てるには1、2、3本目それぞれどの程度の詰め方がいいのか気になるところです。

こんにちは
チョネ
ご連絡をいただいておりましたが
私もビークワ企画の方ですが色々と
やらかしてしまっております。(-。-;
プレ企画の個体も無事到着しております。
KLBは是非来年リベンジを。
お待ちしております。

なんとも。。。('_')
Mopar Dorcus
残念です。
ashtaka様の華々しい久留米復活を期待していましたが(>_<)
巷では昨年程までは奈良輪さんの成果の為か、固詰め有きの感じでした・・・(^^ゞ
しかし、Type30Tの威力は3本目で立証できるでしょうね(^-^)
作業スペースさえ確保できれば・・・欲しいアイテムです。

Re: おはようございます
ashtaka
貴吉おやじさん、こんばんは。

まあ、終わったことはクヨクヨしない性質です。
残っている個体で楽しむからいいですよ。

ただ、KLBに水を差してしまったことだけは、悔やまれますね。


Re: こんにちは
ashtaka
たかとぱぱさん、こんばんは。

初令で、堅詰めは良くないと知ってはいましたので、それほど、堅く詰めたつもりはなかったんだけどな。
Type30Tは、予想をはるかに上回る堅詰めができそうです。

Re: こんにちは
ashtaka
チョネさん、こんばんは。

この度は申し訳ありませんでした。
1番バッターが退場では、情けないこと限りなし。

来期はお譲りいただいたラインで頑張らさせていただきます。
ありがとうございました。

Re: なんとも。。。('_')
ashtaka
Mopar Dorcusさん、こんばんは。
ご無沙汰しています。

私の分まで頑張って、ぜひ好成績をお願いします。
あわよくば、懸賞当選を。(笑)

こんばんは
さかな
かなりショックでしたね。硬く詰めすぎもダメなんですかね!?
でも分かるような気もします。あるショップの出来上がったボトルに幼虫入れたら半数以上が落ちた事が有りました。とにかく菌糸が掘れないくらいカチカチでした。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんにちは。

既成ボトルで、そんなことあるんですね。
消えた幼虫のボトルは、堅い上にテンション上がらずで、うんざりしましたね。

コメントを閉じる▲
いい気分転換になりますから、毎年、何らかの外産をブリードしていました。
現在、羽化した成虫で残っているのはこの2頭のみと言っていいでしょう。

まずは、スマトラ、97mm。
ひろさんからお譲り頂いた個体からの累代です。

20170806_スマトラ_97-2

20170806_スマトラ_97


この大きさは何度見ても迫力があります。
これを見た後、オオクワを見ると86mmクラスでもすごく小さく感じます。


次にヘラ、155mm。
HirokaさんのFx0Fの累代です。

20170806_ヘラ155-2

20170806_ヘラ155-1

体重が一番乗った個体でしたが、長さより幅に来たようです。
やや太めの角をしていて、かっこいいです。


今期はオオクワ以外のブリードは一切やってません。
来期に向けて、オオクワに集中しようと思っています。
結果が出ても出なくても、来期はまた何かやろうかな。


【2017/09/03 11:10】 | 2017年その他
トラックバック(0) |

こんにちは
さかな
オオクワ1本ですか。
他の種の事は考えなくて良くなりそうなので集中して飼育も楽しめそうですね。


おはようございます
貴吉おやじ
立派な個体達ですね。
今期は一本で気合が気がいますね。

浮気性の私は直ぐそれてしまいます。(涙)

Re: こんにちは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

基本的に毎年オオクワ中心です。
時々、わずかな頭数だけ外産に手を出してもいました。
外産をやらないと、冷やし虫家が空く点だけが大きいですね。


Re: おはようございます
ashtaka
貴吉おやじさん、こんばんは。

気合いが違うと言うか、前期が不甲斐なかったので、リセットするためにも1本化しました。
まあ、きっと来年は、何かに手を出すでしょう。(笑)



コメントを閉じる▲
Ashtakaプレスの動画をFC2動画にアップしていますが、FC2会員じゃないと視聴制限があるみたいですね。
試しにYOUTUBEへも一部アップしてみました。

Type30Tは、かなり前にアップしていましたが、一向に視聴数が伸びないので、公開されているのかよくわかりません。
今回、Type20S(旧Type-3)をアップしました。

Ashtakaプレス Type-3 800cc 2プレス

Ashtakaプレス Type-3 800cc(ガイドロッド使用)

Ashtakaプレス Type-3 1400cc 2プレス

Ashtakaプレス Type30T 800cc ONEプレス

Ashtakaプレス Type30T 1400cc ONEプレス

公開に設定したはずですが、見れなければ、教えてください。
YOUTUBEの使い方、まだよくわかっていません。(汗)

Twitterにしても、Facebookにしても、登録だけはしてありますが、放置状態です。
どうやれば、皆さんのように、サクサク使えるのかしらね。


【2017/08/27 16:15】 | 2017年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
スマホから見れました。簡単に詰めれて、しっかり詰まってる感じですね。

Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

スマホからも見れましたか。
良かったです。
少しですがアクセス数が伸びましたので、アップした甲斐があったと言うものです。


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
本日、2本目の菌糸ボトル詰めをやりました。
12ブロックを全て1400ccに詰め、31本のボトルができました。
3令投入用穴あけ付きで、ボトル含まず800g程度で詰めています。
準備から片付けまで、ブロック崩しも全て入れて、1時間もかかりません。
Type30Tもかなり慣れてきたかなと思いますね。

虎壱さんにType30Tをお買い上げいたきました。
8/10のHPでご紹介いただけています。
なかなか上位機種をお買い上げいただいた方で、ブログやHPを持っている人がいないようで、貴重な宣伝です。
ありがとうございます。

Ashtakaプレスの次期ロット、ほぼ受付終了しました。
追加オプションも含めて、そろそろ締め切りたいと思っています。
多くのご注文、ありがとうございました。


【2017/08/19 21:45】 | 2017年プレスマシン
トラックバック(0) |

こんばんは
さかな
沢山詰めるには短時間で詰めれないと辛いですからね。
早く詰めれると他の事に時間使えますからいいですよね。


Re: こんばんは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

他のことに時間を使うためと言うより、嫌になる前に少しでも詰めたい。
どれだけ楽になっても、詰め作業は面倒なものですわ。(汗)

コメントを閉じる▲
もうまもなく、2本目への交換が始まるのに、遅ればせながら今期ラインの報告です。
今期の産卵はある意味コントロールし過ぎて、爆産ラインがなく、そこそこの数のラインが多い結果になりました。
自己ブリを200頭のつもりでいましたが、結果160頭ちょい。
少し物足らない所でしたが、タケセイヨウさん、kuwakobotoさんから、大量の援軍が届いています。
合わせて、かっつさんのプレで当選させていただいたチョネさんからも。
全部合わせて、なんとか200頭を超えることができました。

まずは、YGです。

AST17N-A1・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52mm (AST15-N8A)

AST17N-A2・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52mm (AST16-N8)

AST17N-A3・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀53mm (大鍬悶左衛門さん15A3、866同腹)

AST17N-A4・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀52.5mm (ともさん845550、885、860x3頭 同腹)

AST17N-A5・・・♂85.8mm (AST15-N2B) x ♀50mm (AST15-N2B)

AST17N-B1・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀52mm (AST15-N1B)

AST17N-B2・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀52mm (AST15-N3A)

AST17N-B3・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀50mm (AST16-N8)

AST17N-B4・・・♂85.4mm (AST15-N1B) x ♀49mm (AST16-N10)

AST17N-C1・・・♂83.5mm (ともさん845550、885、860x3頭 同腹) x ♀53mm (AST15-N3B)

AST17N-C2・・・♂83.5mm (ともさん845550、885mm、860x3頭 同腹) x ♀50mm (AST16-N9B)

AST17N-C3・・・♂83.5mm (ともさん845550、885、86x3頭 同腹) x ♀50mm (AST16-N16)

AST17N-C4・・・♂83.5mm (ともさん845550、885mm、86x3頭 同腹) x ♀53mm (大鍬悶左衛門さん15A3、866同腹)


ここから、kuwakobitoさんと、タケセイヨウさんからの里子です。

AST17N-E1(kuwakobito氏1701)・・・♂83mm(Gull氏1522、883同腹) x ♀53mm(Gull氏1524、887同腹)

AST17N-E2(kuwakobito氏1703)・・・♂83mm(Gull氏1522、883同腹) x ♀53mm(Gull氏1515、860同腹)

AST17N-E3(kuwakobito氏1704)・・・♂83mm(Gull氏1522、883同腹) x ♀50.5mm(kuwakobito氏16S1)

AST17N-F1(kuwakobito氏1705)・・・♂86.4mm(kuwakobito氏14D) x ♀52.5mm(龍氏15YG17)

AST17N-G1(タケセイヨウ氏17YG-B3)・・・♂85.4mm(タケセイヨウ氏15YG-A104) x ♀52mm(REGA氏16YG-G1)

AST17N-G2(タケセイヨウ氏17YG-B2)・・・♂85.4mm(タケセイヨウ氏15YG-A104) x ♀55mm(マサレッド氏15-429)

AST17N-G3(タケセイヨウ氏17YG-B4)・・・♂85.4mm(タケセイヨウ氏15YG-A104) x ♀54.5mm(gifunotaka氏16YG-A6)


久留米は以下の2ラインだけです。
まずは、チョネさんのKLBへ参戦しているラインです。
AST17K-P・・・♂84.7mm(AST15-K1M) x ♀51mm(AST15-K1M)

AST15-K1Mの血統背景は以下の通り。(いろんな有名血統が混じり合っています。)
♂親81mm(2013-K8、クマモン氏里子)・・84.5mm(クマモン氏 2011-1A)x53.5mm(shima氏 2011-10(854同腹))
♀親52.5mm(2013-K6)・・82.5mm(みかん氏 2011-2A(857同腹))x 52mm(メルリン氏 2011-10(866同腹))
今回は珍しく、インブリで挑戦です。
と、言うか、このラインしか久留米が残っていなかったんだな。(汗)


そして、かっつさんのプレで当選させていただいたチョネさんからのラインです。
AST17K-Q(チョネ氏2017-18)・・・♂81mm(マツノ2015-51、870x2同腹) x ♀54mm(虫蔵氏2015-19、865同腹)


皆さん、ありがとうございました。
来期への楽しみが広がります。
今後ともよろしくお願いします。


【2017/08/17 19:25】 | 2017年ブリード
トラックバック(0) |

こんにちは
さかな
凄く成長した幼虫が出てくればいいですね。
チョネさんのラインが気になっちゃいます!


Re: こんにちは
ashtaka
さかなさん、こんばんは。

チョネさんのラインは、再来年のKLB参戦用になればいいなと思っています。
たった1ラインで、どこまで上手くいくものでしょうね。
希望を持って育てたいと思っています。

コメントを閉じる▲